シングルモルト好調を維持

山崎12年

山崎12年

遅くなったが、昨年度2012年、日本国内でのシングルモルトウイスキー販売数量をお知らせする。
ウイスキーランキングを載せるかどうか毎年悩みながらも、今年もまた記事にしてしまった。というのも、トップ10の顔ぶれは変わらないものの、数字に大きな変化があったからだ。さらにはトップ10中、7ブランドが前年比を上回っており、シングルモルト市場は好調、と伝えたかったからだ。
一昨年2011年度「シングルモルト・ランキング/最新2011」の数字を見ておいていただきたいのだが、今回は一応、各ブランドの前年比も掲載した。
では販売数量国内トップ10をご覧いただきたい。

[2012年度シングルモルトウイスキー国内販売数量ランキング]
  順位・ブランド名 販売数量(C/S) 前年比(%)
1. 山崎 211,000 127
2. 白州 57,500 310
3. ザ・マッカラン 52,000 105
4. 余市 30,800 93
5. ザ・グレンリベット 20,000 100
6. グレンフィディック  14,500 103
7. ラフロイグ 13,100 127
8. ボウモア 12,000 111
9. 宮城峡 9,300 85
10. トマーチン 6,500 108
*数字はC/S(1ケース、700ml×12本換算)
*メーカー広報発表および酒類業界誌紙の数字をもとにした推計


白州ノンエイジ

白州ノンエイジ

驚かされるのは白州の大躍進。だがその前にトップに君臨する山崎に触れなくてはならない。前年比127%もの伸び。ついに21万ケースを超え、好調を維持している。国内に加えて海外でも3万2千ケースを売り上げている。山崎人気はヨーロッパが中心であったが、近年アジアでも売り上げを伸ばしつつある。
さて白州。2011年は1万9千ケースでグレンリベットに次いで5位であったのに、2012年は5万7千5百ケースで第2位、310%もの高伸張である。山崎にもいえるがノンエイジの発売が大きく貢献している。ハイボール人気に支えられながら白州の森香るハイボールが幅広い層に受け入れられ、20代の新たなウイスキーの飲み手を獲得した結果であろう。
輸入ものではマッカランが堅調。さらにはラフロイグ、ボウモアのアイラモルトがまた伸びたのが目立つ。安定した根強い人気を誇るアイラのこの2ブランドは、少しずつではあろうがまだまだ数字を伸ばしそうな気配がある。

ザ・マッカラン12年

ザ・マッカラン12年

2013年もウイスキー市場は堅調のようだ。今年はバーボンウイスキーが市場を刺激しているので新たな楽しみが増えた。ジムビームは2012年に2万7千ケースだったが、今年はすでに12万ケースを超え、驚異的な伸びを見せている。さあ、これからいろんなウイスキーをたっぷりと堪能していただきたい。みんなで数字を伸ばそう。
最後に日本でいちばんの販売数量を誇るブレンデッドウイスキー角瓶の2012年の数字は293万ケースであった。国民的ウイスキー角瓶、圧倒的に強い。

関連記事

シングルモルト・ランキング/最新2011
シングルモルトランキング2009
ウイスキーの世界市場規模、日本第2位
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。