再婚の結婚式でご祝儀のモヤモヤをスマートにする方法

新しい人生のスタート

新しい人生のスタート

再婚の結婚式成功パターン3例~INDEX~
再婚の結婚式でご祝儀のモヤモヤをスマートにする方法
その1:バツイチのほうは家族しか呼ばない
その2:ご祝儀なし、もう一度来てくれた友人に感謝をこめて全額出す
その3:会費制でわかりやすく

今や4組に1組は再婚の時代。芸能界でも、再婚のニュースがめずらしくなくなりましたね。

20年前までは「離婚」「再婚」に、マイナスイメージがあり、あまり表だって「離婚」「再婚」の発表を芸能人の方もしていませんでしたが、女性の社会進出も進み、現在では「新しい人生の旅立ち」、「新たな幸せの時間」として周囲があたたかく受け取る風潮がでてきました。
再婚で結婚式を挙げる芸能人の報道も、HAPPYなニュースとしてワイドショーで扱われていますね。

ところが、一般人で再婚の方が結婚式をしようと思うと、まだまだ難しいようです。
再婚でも結婚式を挙げたい。
新たな人生のスタート。感謝をカタチにしたい。
でも、色々考えると、挙げたいけど挙げられない。

一番多い悩みが「もう過去に一度結婚式を挙げているので、もう一回ご祝儀をいただくのは気が引ける」というもの。
親戚や会社の人や友人たち、100名近くのゲストをよんで派手な結婚式を数年前にしたのだから、再婚だからとあらためて結婚式に招待しづらい……。
「ご祝儀どろぼう!と思われそうでツライです」なんてご相談もいただきます。

でも、逆に、ゲストの気持ちに負担にならないように、ご祝儀のことがスマートに振舞えると、再婚の結婚式のカップル=大人のカップルとして、すてきな結婚式が行えるのです。

今回は、再婚の結婚式でご祝儀の事を上手に取り計らった実例を3つご紹介いたします。

その1:バツイチのほうは家族しか呼ばない

初婚とバツイチのカップルが結婚する場合、よくあるのが、初婚の方は、親戚や友人たちも晴れの日に招待したいと希望するのですが、バツイチの方は親兄弟だけ数名が参加する結婚式で十分と考えていて、意見が食い違うパターン。

ここで、知っていただきたいのが、新郎新婦の招待客バランス。実は5:5でなくてかまいません。全体で楽しい時間が共有できれば、3:7でも2:8でも構わないのです。

初婚の方は普通にゲストを招待し、親族や友人ををあらためて招待することを望まないバツイチのかたは、二度目の結婚式でも気を使わない親兄弟のみ招待するとよいでしょう。

成功のコツは、どんな人数バランスでも快く受け入れ、心地よい雰囲気をきちんと作ってくれるプランナーさんや司会者さんに依頼することです。

≫≫次ページでは成功パターン2,3を紹介します!