風通しの良い住まいへリフォーム!

 

自然の風を効率よく採り入れ、家中に風が流れる住まいへリフォーム!

住まいにとって“風通しが良いこと”は、快適かつ心地よく暮らすために大切なポイントです。家中どこにいても爽やかな風を感じられれば、暑い季節でも涼しく過ごすことができるでしょう。

もし「今の住まいは風通しが悪い」と不満がある場合、リフォームで改善することが可能です。とはいえ、窓の新設や大きいサイズへの変更は、住宅の構造強度的に限度があります。

そこで今回は、住宅の構造を変えずに比較的簡単にできるリフォームを紹介します。その際に重要となるのが、「現状の開口部の採風性をアップさせること」と、「採り入れた風を家中に行き渡らせるようにすること」の2つといえます。

 

玄関ドアを交換して風を採り込む

まずは、開口部の採風性をアップする方法を紹介しましょう。
住まいの主な開口部には窓と玄関ドアがありますが、前述のとおり窓を新設したり、サイズを変えるリフォームは建物の構造上で制限があるうえ、工事期間も費用も大掛かりになりがちです。

そこでおすすめめしたいのが、工事が1日で終わる玄関ドアの交換リフォームです。
玄関は開口部の中でもサイズが大きく、道路側に面しているケースが多くみられます。また、都市部では隣家が接していたり、近隣の視線が気になり窓を開けられないこともあるので、窓より玄関の採風性を高めた方が、効率よく住まいに風を採り込めるといえます。

最近の玄関ドアは、扉の小窓部分を開閉することで、ドアは閉めたままで風を採り込める「採風タイプ」が増えています。LIXILのリフォーム用玄関ドア「リシェント」も、簡単な操作で上げ下げできるダブルハング窓が内蔵されているので、ドアを閉めた状態で採風できます。気になる靴のニオイやジメジメも、小窓を通じて自然換気で解消できる点も嬉しいですね。
 
 

リフォーム用玄関ドア「リシェント」の採風タイプ。ガラス部分からは光を、小窓を開ければ風を採り込み、明るく風通しの良い玄関をつくれます


玄関ドアの断熱性能が高いと、夏は暖気の流入や冷気の流失、冬は冷気の流入や暖気の流失を抑えるので、玄関スペースの快適性を高め、冷暖房費の節約にもつながります。「リシェント玄関ドア」には4つの断熱仕様があるので、地域の気候に合わせて選ぶとよいでしょう。
 
「リシェント」なら、既存の枠の上に新しいドアを枠ごと取り付けるので、床や壁は傷めることなく工事も1日で完了します

「リシェント」なら、既存の枠の上に新しいドアを枠ごと取り付けるので、床や壁は傷めることなく工事も1日で完了します

 
※クリックすると拡大します

※クリックすると拡大します

また、古い玄関ドアの場合、鍵の防犯性能を気にしてリフォームを決断される方も多いのですが、「リシェント」は外から解錠しにくい高性能鍵を2つ設けることでピッキングを防いだり(1)、鎌付デッドボルトによるこじ開け対策(2)、セキュリティサムターンによるガラス破り対策(3)を施すなど、最新の防犯性能を備えています。
 
採風タイプの勝手口ドアなら、「電気をつけないと暗い」「ジメジメしていて臭いがこもりがち」等の悩みも解消できます

採風タイプの勝手口ドアなら、「電気をつけないと暗い」「ジメジメしていて臭いがこもりがち」等の悩みも解消できます

更に、「リシェント」には玄関用の他に勝手口用もあります。勝手口はキッチンやユーティリティに設けられているため、玄関同様に湿気やニオイがこもりがちですよね。ドアを交換して自然の風を採り入れることで、快適性がぐっと高まるはずです。さらに上手に組み合わせることで、玄関と勝手口をつなぐ新しい“風の通り道”をつくることもできるでしょう。
 

通風建具で風の通り道をつくる>>