アメリカのミュージカル風ダンスシーンが見所!
『君も出世ができる』

この映画のDVD化を待ちかねていた映画ファンは、けっこういたのではないでしょうか(DVD化は2008年)。戦前の「鴛鴦歌合戦」と並ぶ本格和製ミュージカル映画です。

主人公は旅行代理店で働く二人のサラリーマン。出世をめざして他人を蹴落としながらバリバリ働くフランキー堺と、のんびりしてばかりだけれど善人の、高島忠夫。そこにアメリカ帰りの社長の娘、
雪村いづみが社内を大改革し、高島は(何故か)タクラマカンへ送られそうになるし、社長の娘は善人の高島に惹かれ始めるし……。最後には、フランキーも高島もめでたく出世、というお話。

この映画の最大の魅力は、フランキー堺のキレのある動き。さすがジャズドラマー、リズム感バッチリ、と言ったところでしょうか。あ、雪村いづみのかわいさや、セット、小道具、衣装のモダンさもステキです。

社内での群舞のシーンも見所。
「アメリカでは!」と、みんなが事務机やキャスター付き椅子を、踊りながらいっせいに動かし、
あっというまにオフィスも女性従業員もがらっとおしゃれになって、アメリカのミュージカル風のダンスが画面いっぱいに。

最初に見たときは、日本でこんな映画が作られていたのか! と本当にびっくりしました。

フランキーが軽快に「できぃるできるっ 君も出世ができるっ!」と歌って踊ったり、高島忠夫がぬぼーとした感じで「タァ~クラマカン」と歌うシーンなど、メインキャラクターに一つずつ、テーマ曲があるのも面白いです。

オシャレでコミカルで、本当にハッピーになれる一本です!

■君も出世ができる
監督:須川栄三
主演:フランキー堺、高島忠夫、雪村いづみ




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。