個性が異なる美人四姉妹が歩み始めるそれぞれの人生

■監督
西河克己
■主演
芦川いづみ、十朱幸代、吉永小百合
■VHS販売元
日活

1965年に公開された「四つの恋の物語」。

ペーソスあるサラリーマン小説などで知られる源氏鶏太の原作「家庭の事情」より「青春のお通り」を三木克巳が脚色しました。

■あらすじ
定年退職した父親を、手料理で祝う四姉妹。

男手一つで育てたこの娘達は、長女は結婚に破れたものの、次女は決まった相手がいて、三女も四女も素直な女性に育っているので一安心。

彼は、退職金を、50万円づつそれぞれに配り、「自分の生活を楽しむ」と宣言。

それぞれの娘は、その50万円をどう使うか……

■おすすめの理由
とにかく、この日活の女優さん4人が美しい!

まだ皆さん若いので、ちょっとふっくら目のほっぺもとても可愛らしい。

それぞれのファッションも、今ではアンティーク屋さんでみかけるような、昭和レトロで素敵です。

姉妹それぞれが50万円を貰って、歩き始める人生はまちまちで、またそれぞれが
好きになって恋をする相手もまちまち。

4人4様なので、私だったら、誰かな……などと思いながら観てしまいます。

四つの恋の物語となっていますが、四人姉妹の恋ではなく、三姉妹とお父さんの、四人の恋の顛末の物語という構成も面白いです。

ラストも実に晴れやかな終わり方で、爽快。

四人の個性の異なる美しさと、軽妙なやりとりなどを楽しみつつ、最後まで面白く観ることができます。

個人的には、この映画では、可愛くてけなげな和泉雅子さんが、とってもチャーミングで光っていると思います!



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。