日活の4大女優に引き付けられる青春恋愛映画
『若草物語』

■監督
森永健次郎
■主演
吉永小百合、浅丘ルリ子、芦川いづみ、泉雅子
■VHS販売元
日活

1964年に日活の制作によって公開された「若草物語」。

「ああ青春の胸の血は」の森永健次郎が監督した、青春と恋愛の物語です。

■あらすじ
美しき三姉妹の、由紀(浅丘ルリ子)、しずか(吉永小百合)、チエコ(泉雅子)は、後妻を迎えた父親に気を遣い、家出。

長女の早苗(芦川いづみ)の家に向かう。

三人は自立を目指し働きだすが、由紀は幼なじみの次郎(浜田光夫)に出会い、惹かれていく……

■おすすめの理由
タイトルは「若草物語」ですが、あの洋画の「若草物語」とは関係はありません。

この当時、日活の看板スターだった4大女優が勢揃いした、青春と恋愛ストーリーです。

昭和の光景がたくさんでてくるのもとても興味深い。

東京オリンピックのために作られた首都高や、モノレールが最先端の景色としてでてくるのです。

お姉さんの住んでいる高層アパートや、東京タワー、国立競技場の空撮など、この時代を象徴するような風景が写し出されます。

また、当時の家具や家電などもレトロ感たっぷりで楽しめます。

父親を離れて独立して働き始める姉妹に起こる様々な出来事。

そして幼なじみとの再会にトキメキを感じながらも、他の男にも気持を持っていかれる由紀。そんな由紀に怒りを感じる、しずか。

落ち着きのある長女、美人でセンスの良い次女、まじめな優等生の三女、自由奔放な四女と、4姉妹それぞれが、とっても個性的でチャーミングで引きつけられるのは、さすが当時の日活の4大女優という感じです。

レトロな昭和を堪能しながら観賞できる、青春恋愛映画だと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。