何度観ても笑える! 上質の笑いのコメディ映画

■作品名
「おかしな二人」
■監督
ジーン・サックス
■主演
ジャック・レモン、ウォルター・マッソー
■VHS販売元
パラマウントジャパン


アメリカ最高の名コンビ、ジャック・レモンと、ウォルター・マッソーの傑作が、
その名もズバリ、「おかしな二人」。

1968年の映画化された、ジーン・サックス監督のコメディ映画です。

様々なヒット作を生み出した、アメリカの劇作家・脚本家であるニール・サイモンの原作で、
彼はこの作品でトニー賞の劇作家賞を受賞しています。

■あらすじ
ずぼらな性格が災いして、妻と離婚したスポーツ記者のウォルター・マッソー。
彼の住むアパートに、ポーカー仲間でまじめで几帳面な性格のニュース記者であるジャック・レモンがいきなり「妻に逃げられた!」と転がりこんできて、共同生活が始まる……。

■おすすめの理由
こんな感じで、性格が真逆の二人が、上手く生活できるわけもなく、あれこれとすぐ言い合いになり……という、この二人のテンポの良い掛け合い漫才のようなやりとりは最高です!

真面目ゆえにズレているジャック・レモンに、突っ込みかえす皮肉まじりのウォルター・マッソー。

この中年同士のやりとりは、さすがアメリカ最高の名コンビと言われる二人だけあって、絶妙です。

ただ笑わせようというのではなく、センスの良いウイットに富んでいるので、
本当に上質のコメディ映画だなあと、感心させられます。

ジャック・レモンと、ウォルター・マッソーのコンビは何度も共演していますが、
その中でもこの「おかしな二人」はタイトル通り!
これは最高傑作とも言えるのでは……と思います。

内容がわかっていても、何度観ても笑えるのが、本当に上質の笑いなのだなということを感じさせてくれる映画です。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。