那覇市伝統工芸舘で「首里織体験」ができる

 

 

 

 

沖縄県の県庁所在地である那覇市の中心が、いつも地元の人々や観光客でにぎわう国際通りに「那覇市伝統工芸舘」があります。

「那覇市伝統工芸舘」では、那覇の伝統工芸品である、壺屋焼き・琉球漆器・首里織・紅型(びんがた)・琉球ガラスの展示、実演、販売を行っています。

人間国宝の作品をはじめとした伝統工芸品も展示。実演施設ではこれらの伝統工芸の制作工程の紹介と共に、実際に制作しているところを手に取るようにして見学できます。

そんな「那覇市伝統工芸舘」の体験の中でも、華麗で優美で格調高い首里織体験(所要時間約60分、2500円)は、古都首里の面影を感じることができる織物体験として人気です。

首里織とは、首里王府の城下町として栄えた首里で、王府の貴族、士族用に色、柄共に、究極まで追求された格調高く、悠々として麗美な織物で、紋織から絣に至るまで多彩に織られます。

「那覇市伝統工芸舘」では、実際に機織り機を使って首里織を織ります。糸からだんだんと布に変わっていく様子は、とっても不思議で、とっても楽しい体験ですよ。


※写真は、那覇市伝統工芸館様から使用許諾をいただいたものを掲載しています。

■那覇市伝統工芸館
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-10 てんぶす那覇2F
電話:098-868-7866
営業時間:10:00~12:00、13:00~16:00(首里織体験)
定休日:不定休
HP:http://kogeikan.jp/index.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。