初対面で女性に嫌われる、自己主張系オトコ

前頁の通り、女性たちは受け身でオドオドして自信なさげな男を嫌いますが、痛~い自己主張をする男性も嫌われます。とくに「30歳」も超えると、「放置」されがちです。理由は「めんどくさい」からです。そうなれば誰からも注意されることなく、どんどんその「モンスター度」を増強してゆきます。自分が「裸の王様」になっていないか、一度しっかりチェックしてみましょう。


■学歴、収入、仕事の自慢

よくあるKYな男性発言です。肩書きやバックグラウンドをわざわざ言って自分を大きく見せようとせず、自然体で勝負しましょう。そういう自慢をすればするほど「ただの痛い存在」にしか見られなくなります。

■過剰な批評、批判グセ

自分で自分が賢いと思っている人は要注意。悪口が多い人は嫌われます。「初対面でこんなのだったら、親しくなったら24時間悪口に付き合わされる」と想像させてしまってはおしまいです。

■意味不明な“こねくりまわし”系の減らず口

いわゆるよくわからない独自の理論でこねくり回し「めんどくさい」場を作る人。相手は「ややこしい人間と接触したことによる時間浪費事故」としか思ってくれません。出会った人と「膝を交えてホンネを語り合った」後にいつもフェイドアウトされる人は要注意。

■「悪のり」や「いじり」で女性を傷つける

一瞬の笑いのために誰かを傷つけ、さらに執拗にトドメを刺す人。昔、ホームルームで「変なあだなをつけた」などとよく注意された人は、この要素があるのでセルフチェックを。

■不自然かつ無理がある“上から目線”

「何しにきてるの?」あるいは「ほんとは自信ないんでしょ?」と相手に思わせる態度。もはや「偏屈おじいちゃん」のような物腰。自分のプライドを守るつもりが陰で笑いものになっているパターン。こんな痛い態度はやめて「笑える失敗談」を話して笑いをとった方がよっぽど尊敬されます。

■学歴崇拝“井の中の蛙”スタンス

親の教育、育った環境によって「学歴が低い人」を見下したり「価値がない」と思い込む残念な人。人間的な魅力やカッコよさに乏しく「学歴はいいけどね……」的「BUTが付く人々」に多く生息。それは青春に忘れ物をした人による負け惜しみにしか聞こえません。机の上だけで世のなかは回っていないのです。

■女性の意思を無視したセクハラ

女性が受け入れていないにも関わらず、ガサツに酔った勢いでボディタッチする行為。これは時に「クレーム」になり、男同士の信用も失いかねません。


女に嫌われる男には、男にも嫌われる男だった!

私自身、まとめていて身が引き締まる思いでした。1つ1つ定期チェックをして、悔いのない出会いライフを愉しみたいものです。運命の恋人も、そして結婚相手も「ほんの一瞬の出会い」の「一瞬の物腰」が決めるものです。

私自身、自分の結婚を振り返れば、あの日あの時の一瞬の言動、自分の印象からつながったことを痛感します。一瞬一瞬気を抜かずに最高の自分を生きていくことが大切なのです。朗報をお待ちしています!

【関連記事】
欠点をモテる「売り」に変える方法
恋の自信が劇的にわき上がる敗者復活コラム
結婚生活が楽しくなる妻の条件
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。