島料理体験! 宮古島の手作りおやつと島料理

 

 

宮古空港から車で約15分。宮古島市下地庁舎の近くに位置する「cafe373(カフェみなみ)」は、土日だけ営業するのんびりとした雰囲気のカフェです。平日は宮古島の伝統的なおやつや郷土料理を作る体験工房になります。

おやつ作り(2000円)作ることができるのは、おやつの定番「さたぱんびん」(宮古島の方言でサーターアンダギー)や、宮古風のお好み焼き「なびぱんびん」、「ズマミ豆腐」(ピーナッツ豆腐)、「くずもち」、月桃の葉に包まれた紅芋のもち「サニンもち」など。どれも素朴な宮古島ならではの食べ物です。

郷土料理作り(2500円)で作るのは「手作り宮古そば」「島ゆし豆腐」。沖縄本土とはまた違う、宮古島の家庭料理を楽しめます。

どちらも2時間の教室と1時間のティー&食事タイムが設けられ、ゆっくりと体験をすることが可能です。この機会に沖縄の伝統的な料理やおやつ作りをマスターして、自宅でも楽しんでみてはいかがでしょうか。

■cafe373(カフェみなみ)
住所:沖縄県宮古島市下地字上地 373
電話番号:0980-76-6142
体験料金:おやつ作り1人2000円、郷土料理作り1人2500円
営業時間:10:00~13:00、14:00~17:00、17:00~20:00
定休日:土日 ※土日はカフェ営業のみ
参考HP:miyacojima.jp/gourmet/cafe/6620/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。