初心者から熟練者まで楽しめる「ガラス工芸体験」

 

 

名古屋から1時間程の岐阜県可児市にあるささゆりグリーンパークは、ガラス工芸専門の施設です。宿泊施設もあり講座内容も豊富なので、初心者から熟練者まで、参加者に適したガラス工芸体験が楽しめます。

制作は暑い工房で汗かきながら

ガラス工芸初心者は、基本的な透明コップをひとつ作る吹きガラス体験から始めます。

工房には職人さんが作業に使う大掛かりな器材がそろっています。ガラスを熱して形を作るための器材は常に熱く、工房は真夏の炎天下のような暑さです。

1時間もこの中で作業をするのはちょっと心配になるほどですが、参加前には暑さや熱で体調をくずしたりヤケドをしないよう、服装などの注意がありますので、係の方に従って万全の体制で始めましょう。

想像以上の重労働!完成品を受け取るよろこびは格別!

実際の作業は、長い棒にガラスの固まりをつけ、息を吹きながら回して行くのですが、棒とガラスは思ったより重く、なかなか思い通りの形に整いません。さらに肺活量もかなり必要で、本当に体力のいる作業でした。

できあがったコップは時間をかけて冷ました後、後日郵送して受け取ることができます。頭と手先だけではなく、体全体を使って作り上げた小さなコップ。いつまでも大切に使いたいと思います。

参加は涼しい時期がお勧め

初めての場合、工房内で行う体験は涼しい季節の方がお勧めです。小さなお子さんや体力に自身のない方は、空調の効いた部屋でサンドブラストや廃びんアクセサリー制作など、各種講座がありますので検討してみるとよいでしょう。

■吹きガラス体験 (透明コップ1個)
  • 対象:小学5年生以上
  • 所要時間:約1時間
  • 参加費:1500円
  • 工芸体験:9:00~16:00
その他、トンボ玉、サンドブラスト、マドラー、廃びんアクセサリーなど、各種講座あり。

■ささゆりグリーンパーク
住所:岐阜県可児市塩河1071-4
電話番号:0574-65-1515
参加費:1500円
工芸体験:9:00~16:00
アクセス:電車:名鉄西可児駅下車(名古屋から約40分)タクシー15分
・車:中央道多治見ICより20分
HP:www.city.kani.lg.jp/link/wakuwaku/index.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。