猊鼻渓舟下り

 

 

日本百景のひとつに数えられる砂鉄川の峡谷、猊鼻渓の舟下りです。正確には、一ノ関市にある猊鼻渓。平泉の隣の市で近いことと、新幹線が停まるのが一ノ関であることから、紹介させていただきます。

およそ2kmにおよぶ、高さ50mを超える石灰岩の岸壁の間を、約90分かけて、ゆっくりと舟で進みます。舟に乗りながら真下から見上げる断崖絶壁と、滝や木々などの自然の景色はまさに絶景です。

そんな絶景の見ごろは、紅葉が綺麗な秋、いや、やさわやかな春、やっぱり、涼みに夏に、せっかくの東北なので雪化粧した冬に、と季節ごとに違った味わいを楽しむことが出来ます。

ちなみに12月~2月の冬は、「こたつ舟」があるため、安心して雪景色を楽しむことができます。

世界遺産の中尊寺や毛越寺だけではなく、日本を代表する絶景が、岩手にはあります。

■猊鼻渓舟下り
公式HP:http://www.geibikei.co.jp/

※撮影者より使用許諾を得ています
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。