カリフォルニアで生まれた「グッド・ライフ」デザイン

今春から開催中の「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-」展。
20世紀の半ば、とりわけミッド・センチュリーと呼ばれた時代に、カリフォルニアで展開したモダン・デザインをテーマとした大規模な展覧会である。
カリフォルニアといえば、真っ青な空にパームツリー、ハリウッドにUCLA、それに何と言ってもディズニーランド。ウエストコーストサウンドに年中陽気なカラフルランドのイメージを思い浮かべるのは筆者だけではないだろう。
0

展覧会リーフレット       ●クリックすると拡大します

さて、そのカリフォルニアがアメリカ本土だけではなく世界中の近代デザインに大きく影響を与えたことはご承知だろうか?

1930-1965年、第二次世界大戦前後の世界動乱の真っただ中で建築、プロダクト、ファッション、車、クラフト、グラフィック、ジュエリーなど暮らしにまつわる様々なジャンルで派生したカリフォルニアデザインムーブメント、その時代のシンボルとして必ずといって取り上げられる『イームズ』、『ミッドセンチュリーデザイン』……その全貌を実証確認できる貴重な機会がこの展覧会なのである。

会場は六本木・新国立美術館。建築家:黒川紀章が最晩年に設計した美術館だ。

2

大きくうねるガラスの外観が特徴的な新国立美術館  ●クリックすると拡大します


まずは、 今回の展覧会内容を本展プレスリリースから抜粋してご紹介しよう。

20世紀初頭から多くの移民を受け入れてきたカリフォルニアは、第二次世界大戦後、世界一の経済力を誇る大国アメリカの大衆文化の中心として飛躍的な発展を遂げた。急激な人口の増加に伴い、住宅や生活空間への新たな需要が生じたカリフォルニアでは、戦争に際して開発された新たな素材や技術を有効活用した、大胆かつ実験的な独自のデザイン活動が展開された。

開放性や鮮烈な色彩などを特徴とした、西海岸ならではのアイデアに満ち溢れたデザインは、気楽で快適な新しい生活様式の実現に向けられ、自然環境や日常生活との結び付きに重きを置いたカリフォルニア・デザインは、様々なメディアを通じて世界中に広がり、誰もが思い描く、実現可能な夢の生活のシンボルとなった。

9

メアリー・アン・デウィーズ〈女性用水着〉1961年 ロサンゼルス・カウンティ美術館蔵
LACMA, Gift of Mary Ann DeWeese, DeWeese Designs © 2011 The Warnaco Group, Inc. All rights reserved. For Authentic Fitness Corp., Cole of California. Photo © 2011 Museum Associates/LACMA
(引用:展覧会 HP )    ●クリックすると拡大します



この展覧会では、20世紀デザイン史において重要な役割を果たしたにもかかわらず、これまで十分に紹介されてこなかった「カリフォルニア・モダン」の全貌を、家具やファッション、陶芸、建築写真など、約250点の作品を通じて紹介している。

11

会場中央に鎮座の『スチュードベーカー アヴァンティー(1963年)』 D:レーモンド ローウィー  ●クリックすると拡大します

様々なジャンルのミッドセンチュリーデザインが勢ぞろいし、アメリカ西部最大の美術館として知られるロサンゼルス・カウンティ美術館との共催のもと、ミッド・センチュリーの「カリフォルニア・モダン」を実体験することのできる内容となっている。

さて、気になる会場構成をエントランスからご紹介しよう。

第1章 カリフォルニア・モダンの誕生

最初にイントロダクションとカリフォルニアデザインの誕生セクション。

エントランスから銀色の車らしき…これは『エアーストリーム<バンビ>』1961年 ウォーリー・バイアムのデザインによるキャンピングカー。
皆さんもどこかで見たことのあるピカピカのアルミ製キャンピングカーだ。内部も可愛らしく設え、チェック柄のシートクッションやウィンドーカーテン、コーヒーポットやピクニックセット等、アメリカ西海岸がプンプン香る代物である。(お見せできないのが、残念!)

3

エントランス風景 正面には、ピカピカのキャンピングカー。     ●クリックすると拡大します


このセクションでは、1920年代の好景気時カリフォルニアで生まれた独自のデザインについての展示である。

当時カリフォルニアは、好景気で急激に人口が増加し住宅や家具への需要が爆発的に高まった。10年も経過しない間に街は様変わり、時代や地域にふさわしい新たなデザインが待ち望まれた中、その地歩を固めたのは、モダン・デザインの最前線の環境で教育を受けた、ヨーロッパからの移住者たちであった。
彼らの教訓は、西海岸で営まれる生活と結び付き、カリフォルニア独自のデザインが誕生することとなった。

4

イントロダクションから第一章セクションの会場風景  イームズの「象」が当時のオリジナルが展示されいる。  ●クリックすると拡大します

  
55

チャールズ & レイ・イームズ エヴァンス・プロダクツ社成型合板部門〈象〉1945年 イームズ・コレクションLLC蔵
Eames Collection, LLC © The Eames Foundation. Courtesy Eames Office LLC (eamesoffice.com)                           (引用:展覧会 HP )    ●クリックすると拡大します