竜変身RPG第4弾「ブレスオブファイア4」

 

 

 

 

 

 

戦闘で巨大な竜に変身して敵を倒していくRPGといえば、カプコンのブレスオブファイアシリーズです。今作は4作目に当たります。おすすめのポイントは、本作初のダブル主人公で語られる王道物語。竜変身、ウィルやラーニングなどです。

初のダブル主人公「リュウ」と「フォウル」

ブレスオブファイアシリーズの主人公の名前は「リュウ」で統一されていたのですが、今作ではもう一人「フォウル」という主人公が登場します。基本的にこの二人の主人公を交互に操作して物語を進めていきます。

始まった直後、リュウは記憶を失っているのですが、心配したヒロインのニーナと行動を共にすることで自分が何者かを思い出して行きます。また、リュウには竜変身・竜召喚といった特殊な能力があります。

一方のフォウルですが、数百年前に一代で西側を統一して、「神皇」と称されています。その後は自らの力を封印したのですが、人間という種族に疑問を持っています。その力は一国を簡単に滅ぼせるほど。また二匹の強力な獣を従えています。

最後、リュウとフォウルは対立することになるのですが、このゲームのエンディングは二種類あります。どちらのエンディングも良いので両方見るといいでしょう。

竜変身や召喚竜

シリーズ伝統の竜変身ですが、リュウはトランスをすることで自らの姿を竜に変身することができます。それだけで十分戦力となるのですが、物語を進めていくうちに、他の竜(召喚流)を召喚する魔法を覚えていきます。

ラーニング

基本、RPGでガードする意味は防御力高めることですが、今作では防御中に敵のスキルをラーニングすることがあります。敵の魔法や特殊技は手に入れると冒険がかなり楽になりますので、初めて遭遇した敵にはまず防御して、相手のスキルを手に入れるといいでしょう。

ウィル

今作には伝道師というものが世界中におり、それぞれの伝道師に入門して条件を満たすと、ウィルというものを教わります。ウィルとは伝道師の生き方、意志みたいなもので、それぞれのウィルには特殊な効果がついてきます。

■ブレスオブファイア4 うつろわざるもの
メーカー:カプコン
公式HP:http://www.capcom.co.jp/newproducts/consumer/bof4/

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。