世代交代RPG「俺の屍を越えてゆけ」


異色で斬新なゲームシステム

1997年発売当時、異色で斬新なゲームシステムで話題になったRPGゲームです。

そのシステムとは、
  1. キャラクターの寿命が短い
  2. そのため、子孫を残し、世代交代をくりかえしながら強くなっていく
というもの。

まさにタイトル「俺の屍を超えてゆけ」です。

はじめは当主ひとりですが、だんだん人数が増えにぎやかになっていきます。そして、同じ数だけ別れもあり……。感情移入してしまうと、その別れがものすごくつらくなります。

あきさせない豊富なバリエーションとやりこみ要素

キャラクターのバリエーションや武器・技も豊富でやりこみ要素満載。当時のソフト容量の制約を考えると、アイデアをフル活用した努力が垣間見えます。個人的には、名前に漢字が使えるのがめずらしくて嬉しかったです。

個性的なキャラクター

ステータスが優秀で、別れが惜しくなるキャラもいれば、イケメンというだけで、いるだけで重宝されたり、おちこぼれだけど子孫に優秀なステータスを継承してくれたりと、大人数ゲームならではのバリエーションの豊富さが魅力です。プレイすればするほど、(亡くなった人も含め)一族で戦っていることを実感し、過去のキャラを思い出してじーんとしてしまうことも。

「主人公と仲間」という構図が多いRPGに飽きた方、たまにはこんなゲームもプレイしてみてはいかがでしょうか。


■「俺の屍を越えてゆけ」
公式HP:http://www.jp.playstation.com/software/title/jp9000npji00007_000000000000000001.html
販売価格:600円
ジャンル:RPG
販売形態:ダウンロード
必要容量:420MB
CEROレーティング:B(12歳以上対象)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。