審査のプロセスを理解して、日頃のお金の管理を改善したい

お金を借りるとなると、ローンやキャッシングとなりますが、その時必ず受けるのが「審査」です。

この審査のプロセスをご存知の方はあまり多くないかもしれません。ローンなどを申し込んだ本人に返済能力があるか、といった点を評価するため、金融機関はあなたの信用情報を分析し、一定の格付けをし、その人の信用力を判断します。これが審査の大まかな流れです。

この、審査の際の分析のされ方をご自身でも把握できたら、普段のお金のやりくりも賢く管理できるのに、と思いませんか?

実は審査のプロセスでは、信用情報を元に、信用力の判断基準となる「クレジットスコア」が算出されて参考にされているケースが多く存在します。
この記事では、審査の参考にされているこのクレジットスコアの仕組みについて解説していきたいと思います。

※各金融機関や商品毎に審査基準は異なるため、全てのケースに当てはまる訳ではないことをご了承ください。

審査には「クレジットスコア」が活用されている!

ローンやキャッシングなどでお金を借りる時、貸し主となる金融機関は、あなたに融資をしてリスクが大きくないかを判断するために、あなたの信用情報と財務状況を、信用情報機関に照会して確認します。これが一般に審査と呼ばれているプロセスです。

信用情報には、あなたが今まで取引したクレジットカードのショッピングやキャッシング、また各種ローンでの借り入れの履歴、またスマホなど高額商品を分割払いで購入した場合の金額や支払履歴を示す情報が含まれています。ですから、金融機関は審査の際に、いろいろな種類の情報で構成されたこの個人信用情報を、より素早く、公正に、一貫性ある形で検証したいと考えます。

そのため、金融機関は数学的な手法を活用して分析しています。このようにして顧客一人一人の信用力を、信用情報を元に分析・算出したものが、クレジットスコアです。

もちろん、クレジットスコア「のみ」が審査対象になっているわけではないのが現状です。金融機関は、申し込み内容に、どこか問題個所がある場合、本当に問題なのかを、信用情報自体を直接確認したり、審査基準と照らし合わせたりすることもあります。また、詐欺などの不正がある申込ではないか、総量規制(貸金 業法)、支払可能額(割賦販売法)などの数値基準を遵守出来ているかも個別にチェックされています。

さらに、金融機関は、信用情報などの基本的な情報に加えて、金融商品のタイプごとにそれぞれ異なる審査基準を運用して、借り手の信用リスクを分析します。たとえば住宅ローンの場合は、個人信用情報に加えて、購入対象の住宅の立地や不動産としての価値、そして購入者の収入も検討対象となります。

しかし、ほとんどの主要な金融機関が信用情報を審査する際には、次の段落で説明する要素を数学的に分析し、基本的な信用力の水準(=クレジットスコア)として参考にしていると考えてよいでしょう。

では、金融機関はどのようにクレジットスコアを算出しているのか、次のページでご紹介していきます。>>