オープン・エア・シアター上演『ジーザス・クライスト・スーパースター』より。Declan Bennett as Jesus and the Apostles, Photo by Johan Pesson

オープン・エア・シアター上演『ジーザス・クライスト・スーパースター(Jesus Christ Superstar)』より。Declan Bennett as Jesus and the Apostles, Photo by Johan Persson

劇場好き(theatregoer)なら一度は行ってみたい国、イギリス。劇聖シェイクスピアの故郷であるのは誰もが知るところですが、実は“世界初のミュージカル”と位置付けられているのも英国産。1728年にロンドンで初演された音楽劇『ベガーズ・オペラ』です。20世紀に“ミュージカル”というジャンルが確立されてからも、イギリスは様々な名作を生みだし、米国と並んで世界のミュージカルを牽引してきたのです。

この国でミュージカルを楽しむなら、どんなポイントを抑えておけばよいでしょうか? 今回はロンドン在住の演出家・市川洋二郎さん(『Tell me on a Sunday~サヨナラは日曜日に』)へのインタビューや現地観劇レポートを交え、初めての方でも素敵な観劇体験を実現するための基礎知識をお届けします。ぜひお役立てください!

スペシャル・ミニ・インタビュー
英国在住演出家・市川洋二郎さん
「演劇都市としてのロンドンの面白さ」

観客には面白い英国の劇場界ですが、演出家として日本人が生き残っていくには“毎日が戦い”だという市川洋二郎さん。そんな中で彼が武器としているのが、日本的な美意識のもとで不要な要素をそぎ落とし、本質を見出す“シンプリシティ”。ロンドンでの演出作『From Up Here』では一本のロープを橋に見立て、人々の出会いと葛藤のドラマを描いたそうです。

観客には面白い英国の劇場界ですが、演出家として日本人が生き残っていくには“毎日が戦い”だという市川洋二郎さん。そんな中で彼が武器としているのが、日本的な美意識のもとで不要な要素をそぎ落とし、本質を見出す“シンプリシティ”。ロンドンでの演出作『From Up Here』では一本のロープを橋に見立て、人々の出会いと葛藤のドラマを描いたそうです。

――市川さんは日本は勿論、英国、オーストラリア、米国と様々な国で生活された経験がありますが、なぜ英国を演劇活動のベースとされているのですか?

「ロンドンという場所はすごく面白くて、演劇が自分たちの文化であるという誇りをもって守ろうとする一方、それに縋るだけでなく、ヨーロッパやアメリカ、東洋の演劇の流れに常にアンテナを張っている。ここには世界各地の最先端の演劇が流れ込んできており、刺激的なのです」

――そんな中で、最近の英国のミュージカル事情をどうご覧になっていますか?

「近年はブロードウェイ作品に押されている感がありますね。今年のオリヴィエ賞も、原作こそ英国映画だけどブロードウェイ産の『キンキー・ブーツ』の一人勝ちでした。確かにイギリス版の『キンキー~』キャストは演技を掘り下げていて非常にいいのですが、『Bend It Like Beckham』のような素晴らしい英国産ミュージカルが評価されなかったのは残念でした。

いっぽう、こちらではウェストエンド(ロンドンの商業演劇街/商業演劇界)からちょっと外れた場所でやっているものが面白かったりします。Regent’s ParkのOpen Air Theatreで上演している『Jesus Christ Superstar』や、ヒット作『Matilda』の創作チームが手掛けてOld Vicという劇場で上演している『Groundhog Day』はこの夏の注目作だし、Menier Chocolate Factoryという劇場では『Funny Girl』のように、後にウェストエンドに移っていくような話題作が数々上演されています」

――そういった“面白い作品”に出会うには?

「先ほど挙げたような劇場でどういうものをやっているか、例えばWhats’s On Stageのような演劇サイトで、アンテナを張っておくといいですよね。ロンドンにいらっしゃる直前だけでなく、常に何が話題かを知っておくと、面白い舞台に出会えると思います」

『The Red Candle-Mermaids In The East』

『The Red Candle-Mermaids In The East』

――市川さんも今、11月に開幕する新作の準備をされているそうですね。

「はい、小川未明の『赤い蝋燭と人魚』をベースとした『The Red Candle -Mermaids In The East』という作品を、ブルーネル博物館のThe Grand Entrance Hallで11月4日から上演する予定です。改装再オープン式典の正式招待作品で、エドワード王子もご来場の予定ですが、公演は3週間ありますので日本の皆さんもぜひ、いらして下さい!」

*次頁で実際に英国(ロンドン/地方)でのミュージカル鑑賞のための基礎知識をご紹介します!


【英国でミュージカルを観るための基礎知識】

劇場はどこにある?

"Mamma Mia!"を上演中のNovello Theatreundefined(C)Marino Matsushima

"Mamma Mia!"を上演中のNovello Theatre (C)Marino Matsushima

ロンドンでは
Piccadilly Circus(ピカデリー・サーカス)やLeicester Square(レスタースクエア)周辺エリアに、大きな劇場がひしめいています。そのほか、テムズ川南側のSouth Bank Centre(サウス・バンク・センター)や東部のBarbican Centre(バービカン・センター)でミュージカルが発信されることも。また、客席数の少ない小劇場でも、例えばDonmar Warehouse(ドンマー・ウェハウス)などで意欲的なミュージカルが上演されることもあるので、ミュージカルが観られる劇場は数限りないと言えるでしょう。

地方都市の場合は、劇場の軒数は限られますが、それでもかなりの頻度でツアー版の大作ミュージカルがかかっています。記事末には筆者がロンドンの北西、コッツウォルズの優雅なスパタウン、チェルトナムで観たツアー版『High Society』(上流社会)のレポートを掲載していますので、参照下さい。

演目はどうやって探す?

簡単なのはインターネット検索。「都市名」+「musical(あるいはtheatre)」で検索してみてください。ロンドンの場合なら「London」「musical」。いろいろなサイトが出てくるので、順番にクリックし、自分が見やすい、また信頼できそうと思えるサイトで演目リストをご覧ください。多くは、そのサイトからチケットも購入できるようになっています。

演目の決め方

"Mamma Mia!"を上演中のNovello Theatreundefined(C)Marino Matsushima

”The Lion King"を上演中のLyceum Theatre (C)Marino Matsushima

ロンドンのように選択肢が多々あると、何がいいのか迷ってしまうかもしれません。英語のヒアリングに自信のある方、日本で上演されるミュージカルはほとんど観ている!という「上級者」の方なら、ぜひ「新作」と記載されている舞台をご覧になってはいかがでしょうか。素晴らしい作品にいち早く出会えるかもしれませんし、たとえ失敗作だったとしても、評判が悪いと短期間で終わってしまう公演もあるので、「貴重な舞台を観た!」とお友達に自慢できるかも(?)。

いっぽう、英語には今一つ自信がない、あるいは時差ボケで公演の間、しっかり観られるかどうか……という方におすすめなのが、物語を既に知っている作品。中でも分かりやすいのは『ライオンキング』『アラジン』といったディズニー・ミュージカル、映画版を観ている方なら『レ・ミゼラブル』『オペラ座の怪人』。音楽メインで愉しみたい、という方には、アバのヒット曲満載の『マンマ・ミーア!』がおすすめです。

もしも家族連れでの旅行なら、ロンドン劇場協会のサイトが掲載している、ファミリー向けショーの一覧をチェックしてみてください。ファミリーで楽しめるミュージカルはもちろん、日本の「おかあさんといっしょコンサート」に似たノリの、BBCの子供向け番組ショーなども紹介されているので、一家で楽しい思い出が作れるかもしれません。http://www.officiallondontheatre.co.uk/family-theatre/shows/

どの席を選ぶ?

ロンドンのミュージカルは現在、Stallsと呼ばれる一階席が70ポンド(為替レートが150円として約10500円)前後、お安いUpper Circle(3階)席が20ポンド(同、約3000円)前後です。観る本数を絞って良い席で観るも良し、たくさん観るために3階席で倹約するのも良し。ただ、3階席は席の間隔が非常に狭く、日本人の体格でも窮屈な劇場もありますのでご注意ください。

購入方法

The Phantom Of The Operaを上演中のHer Majesty's Theatre (C)Marino Matsushima

"The Phantom Of The Opera"を上演中のHer Majesty's Theatre (C)Marino Matsushima

最近はほとんどのショーのチケットが、そのショーもしくは劇場単独のサイト、あるいは前述のミュージカルチケット販売会社のサイトから購入できます。サイトによってはディスカウト・チケットや食事、ホテルとのセット券を出しているところも。

この方法はクレジットカードがあれば、日本からでも購入できるのが魅力。ただ、インターネットショッピングにつきまとう「安全性」がどうしても気になる、あるいは販売会社が信頼できそうかどうか判断できない、という方もいらっしゃるかもしれません。

少しでも不安があるなら、対面販売が確実です。各劇場ではたいがい朝10時ごろからBox Office(窓口)が開き、座席表を見ながら購入することができます。中には当日のみのお安いシートを用意している劇場も。(各劇場のサイトでご確認ください)

また、レスタースクエア駅を降りてすぐの広場にある「TKTS」ブースでは、正価~半額程度の割引チケットを、手数料(割引チケットの場合3ポンド、正価の場合1ポンド)を加えた額で販売。以前は当日券のみの扱いでしたが、最近では数日先のチケットも扱うようになり、現金(ポンドのみ)でもクレジットカードでも購入できます。観劇しようと思い立ったら、ここに出かけてボードの「本日のチケット一覧」を眺めつつ、何を観ようか考えるのも楽しいでしょう。

TKTS日本語サイトhttp://www.tkts.co.uk/about-tkts/japanese/

何を着ていく?何を持っていく?

イギリスの劇場は外の気温とは関係なく(?)、暑かったり寒かったりします。ストールやカーディガンなど、調節用のアイテムをお持ちになるといいかもしれません。

また、日本の劇場では、開演前、あるいは幕間に持参したお弁当をロビーの椅子で食べる方も多いかと思いますが、イギリスの劇場ロビーには椅子はほとんどありませんし、お弁当を食べる人もほぼ、いません。そのかわり、英国の劇場では観劇前、あるいは幕間にバーで一杯飲みながらお喋りを楽しむのが伝統的です。(幕間に売り子さんが販売するアイスクリームを座席で食べる方もいます。)お食事は観劇前あるいは終了後に外で……と心づもりしておきましょう。

劇場では

"Charlie And The Chocolate Factory"のブローシュア(左)とプログラム(右)(C)Marino Matsushima

"Charlie And The Chocolate Factory"のブローシュア(左)とプログラム(右)(C)Marino Matsushima

たいていの劇場では、客席扉付近にプログラム(ブロードウェイと異なり、有料)を持った会場係が待ち受け、列まで案内してくれます。英国のショーでは、キャストのプロフィールが主な内容であるプログラム(3ポンド程度)と、舞台写真が主な大型のブローシュア(5ポンド程度)がありますが、プログラムのみの場合もあれば、両方を兼ねたブローシュアを販売する劇場もあります。

着席について。一階席でも、イギリスの劇場は意外に前列との間隔が狭いので、奥の席の方がいらしたらスムーズに通れるよう、立ち上がるのがマナーとされています。通路に近い席なら、開演直前までロビーで待機するのもいいかもしれません。逆に、自分が奥の席なら早めに着席しておくか、ぎりぎりの到着なら「Excuse me」「Thank you very much」等、一言掛けながら通していただきましょう。

休憩時の過ごし方

クラシカルな劇場が多い中、コンテンポラリーな劇場も。こちらはBirminghamのHippodrome。(C)Marino Matsushima

クラシカルな劇場が多い中、コンテンポラリーな劇場も。こちらはBirminghamのHippodrome。(C)Marino Matsushima

英国では観劇は社交の一手段とあって、お連れの方と劇場内のバーに行く人がほとんど。抵抗がなければ、とりあえずバーに出かけてみてはいかがでしょうか。ワイングラスを傾けながら、周囲の人々がどんな感想を言い合っているか、聞き耳を立ててみるのも楽しいものです。

客席でくつろいでいても、同好の士と見ると気さくに話しかけてくる英国人は少なくありません。英語が苦手でも、事前に少しボキャブラリーを思い起こしておけば「日本でもこの演目、観ました」「へえ、こっちのとは演出違うの?」などと、楽しいお喋りができることもあります。

ただ、英国の劇場は日本の劇場に勝るとも劣らずトイレが少ないので、ちょっとでも心配な方は、迷わずトイレに直行されることをおすすめします。
**********

いかがでしょうか。海外とはいえ、最低限の知識さえあれば、英国での観劇は意外に簡単。国が違っても、大勢の舞台愛好者とともにミュージカルを楽しむことができる喜びを、ぜひ、多くの方に味わっていただけたらと思います。

*次頁で『Jesus Christ Superstar』(2016年7月、Open Air Theatre)、『High Society』(2013年4月、Everyman Theatre)の観劇レポートを掲載。英国でのミュージカル鑑賞のご参考に、ぜひご覧ください!

Jesus Christ Superstar』観劇レポート

(Open Air Theatre, London 2016年7月15日~8月27日)
(*いわゆるネタバレが含まれます。これからご覧になる方はご注意ください)
The Crucifixion Photo Johan Pesson

The Crucifixion Photo Johan Pesson

ロンドンを代表する大公園の一つ、リージェンツ・パーク。その一角に位置する野外劇場Open Air Theatre公演は、1932年以来80年以上にわたってロンドンの夏の風物詩となっています。特に2007年にTimothy Sheaderが芸術監督に就任してからは毎年完成度の高い演目が登場、演劇賞を受賞したり、後にウェストエンドに進出するケースも少なくありません。例年、シェイクスピアなどの古典演劇が1本、ミュージカルの名作が1本といったプログラムですが、今年の演目は台詞劇『高慢と偏見』と初演から45年を迎えた本作の組み合わせとなっています。
Tyrone Huntley as Judas and Ensemble Photo Johan Persson

Tyrone Huntley as Judas and Ensemble Photo Johan Persson

自宅でプリントアウト可能のチケットをかざしてゲートをくぐると、すぐ目の前に小ぶりの野球スタジアムのような会場が。観客はまずはこの周りで軽食やワインを楽しみ、開演の合図とともにゆったりとした足取りで自分の席へと向かいます。夜公演とあってか、屋外にもかかわらず(!)立ち込めるアルコールの香り。それでも腹の底に弦の低音が響き渡ると、場内の空気がぴっと引き締まり、“今回はどんな演出かしら”とばかりに皆、前のめりでステージに見入り始めました。
Declan Bennett as Jesus and Soldiers Photo Johan Persson

Declan Bennett as Jesus and Soldiers Photo Johan Persson

10人編成のバンドが繰り出す大音量の序曲が、英国のまだ明るい夏空を突き抜けてゆく。客席通路を縫うようにロック歌手とその取り巻き風の若者たちが現れ、十字架風の鉄骨が中央に倒れているステージへと昇ってゆきます。きびきびと歩く彼らの中で一人、きつい目つきで客席を見回す青年。彼がユダか、と目星をつけていると案の定、フードを被ったジーザス役(Declan Bennett)に対して、彼(Tyrone Huntley)は警告を発する「Heaven on their minds」を歌い始めます。鋭くも、どこか初期のマイケル・ジャクソンのような、少年ぽさも残した歌声。ユダがジーザスに対して同性愛的な感情を持つように解釈されることもある本作ですが、今回のユダはそれより“憧れていたスター歌手に疑念を抱き始めた10代のファン”といった雰囲気です。
Cavin Cornwall as Caiaphas Photo Johan Pesson

Cavin Cornwall as Caiaphas Photo Johan Pesson

ジーザスを取り巻く人々は歌いながらゆるっとしたリズム感で、コンテンポラリーにヒップホップをブレンドしたような踊りを見せます。この「ゆるさ」は舞台に終始貫かれていますが、それは雨の多い英国の野外公演とあって、激しい動きが危険であるためかもしれません。(実際、2幕が始まる頃から小雨が降り始め、俳優たちが滑りはしないかとはらはらする瞬間もありました。)ジーザスを危険分子視するユダヤ教司祭たちのナンバー「This Jesus must die」でも、例の十字架型の鉄骨上に登場した司祭たちはジャポニスム風の着物ガウンを揺らしながら、マイクをつけた錫杖のような杖を上に下に、ねっとりと動かし、異様なインパクトを醸し出します。ここで登場するカヤパ役(Cavin Cornwall)は数年前の『JCS』ワールドツアーでも同役を演じ、映画版『レ・ミゼラブル』では冒頭、囚人の一人として短いソロを歌っている方ですが、艶と張りのある低音が群を抜いて素晴らしく、全編を通してこのシーンが本プロダクションで最も魅力的です。
The Temple Photo Johan Persson

The Temple Photo Johan Persson

その後の「The Temple」では十字架型のポールでアンサンブルがポールダンス的な動きを見せたり、2幕の「The Last Supper」では俳優たちがダ・ヴィンチの「最後の晩餐」と同じポーズをとったり、「Herod’s Song」ではヘロデ王が73年のオリジナル・ブロードウェイ公演にオマージュを捧げたような衣裳で登場したりと、ナンバーごとに意欲的な趣向が見てとれますが、「Simon Zealotes」の曲終わりと同時にアンサンブルが“はい、終わりました”と言わんばかりに立ち上がって退場したりと、全体的には演劇的というよりコンサート味の強い舞台。ノンストップでジェットコースター的な展開にのめり込ませる劇団四季版とは対照的に、休憩もあり、よりリラックスして一曲、一曲を味わわせる公演です。そんな中はっとさせられたのが、日の長いイギリスとあってずっと明るい中で展開していた舞台が、死を意識したジーザスのソロ「Gethsemane」に差し掛かると、にわかに落日を迎えたこと。漆黒の闇の中、ジーザスがスポットライトを浴びて絶唱することで彼の孤独が鮮やかに際立ち、19時45分というきりの悪い(?)開演時刻設定はこの効果を狙ってのことだったのか、と唸らされます(演出・Timothy Sheader)。
Peter Caulfield as Herod Photo Johan Persson

Peter Caulfield as Herod Photo Johan Persson

変心した民衆にかわるがわる殴られ、蹴られるジーザス。その傍らでは別の一団が恍惚とした表情で彼の死を願い、歌い踊るという狂気じみた光景が、現代でも混乱した社会で容易に起こりうるという生々しい実感を伴って終盤に呈示されます。ジーザスも耐えるどころか、かなり痛がりながら十字架に打ち付けられる。生々しい表現の連続ですが、幕切れのある描写によって、これまで展開していたものが劇中劇であった(まるでノーマン・ジュイソン監督映画版へのオマージュであるかのように)ことが改めて示され、観客は小さく安堵。

終演は22時、まばらに立つ街灯を除けば漆黒に包まれた公園内の環状道路を、人々はそれぞれ感想を口にしながら歩き、車や駅へと向かいます。観光客が大方を占めるウェストエンドの劇場とは異なり、そのほとんどは英国人。ドレスアップしたカップルや、父親がピクニックセットを抱えた家族連れも少なくありません。こんな“夏の楽しみ”が東京にもあったなら、と羨ましさを覚えた帰途でした。

『High Society』ツアー版レポート

英国の優雅な地方都市チェルトナムの街並みに溶け込んだ劇場Ever

英国の優雅な地方都市チェルトナムの街並みに溶け込んだ劇場Everyman Theatre。(C) Marino Matsushima

(2013年4月)
最後に、筆者がロンドンの北西に位置するジョージア王朝のスパ・タウン、Cheltenhamで観た『High Society』についてレポートしましょう。

平日の昼公演ということもあってか、この時の客層は見事なまでに銀髪のカップルばかり! ハリウッド映画版(ビング・クロスビー、グレース・ケリー、フランク・シナトラ主演)を観たことのある方が多かったらしく、休憩時には「映画であの役を演じてたのは誰だったかしら」「今日の舞台版もなかなかのものだ」などと、映画版を引き合いに出して語らっている人があちこちで見受けられました。

劇場窓口のみならず、空港やホテル、ツーリストインフォメーションで手に入る劇場チラシを集めるのも楽しみの一つ。右はチェルトナムのアマチュアオペラ団体がディズニーから許可を得て上演する『美女と野獣』、中央は今回筆者が観た『上流社会』、左はかつてのポップアイドル、ジェイソン・ドノヴァンがドラッグクイーンに扮する『プリシラ』。

劇場窓口のみならず、空港やホテル、ツーリストインフォメーションで手に入る劇場チラシを集めるのも楽しみの一つ。右はチェルトナムのアマチュアオペラ団体がディズニーから許可を得て上演する『美女と野獣』、中央は今回筆者が観た『上流社会』、左はかつてのポップアイドル、ジェイソン・ドノヴァンがドラッグクイーンに扮する『プリシラ』。

作品は、一度は離婚したカップルが紆余曲折の末、元のさやに納まるまでを描いたミュージカル・コメディ。コール・ポーターによる軽やかな名曲群が、第一の魅力です。ロンドンの『サウンド・オブ・ミュージック』でマリアを勤めた女優、『アスペクツ・オブ・ラブ』でアレックスを演じた俳優など実力派が主演していたものの、スターのオーラで半分以上が成立してしまう映画版と比べるとどうしても「地味」な印象。時折「そんなに声を張らなくても、もっとリラックスして歌っては?」と感じる瞬間もありましたが、それでも終盤、二人が本当の愛に気づくくだりで、しっとりした情感が醸し出され、場内は舞台ならではの感動に包まれました。(演出・アンナ・リンストラム)。

波模様のアイアンワークが効果的な装置(フランシス・オコナー)や、小道具を駆使した振付(アンドリュー・ライト)もほどよくお洒落。カーテンコールに響いたチャールストンも華やかで、劇場を去る観客たちの口元は、一様にほころんでいました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。