のべつまくなしトレードしない

FXのトレードを始めてしばらくすると、徐々に面白みを覚えるようになります。そこに落とし穴があることを忘れないようにして下さい。

トレードで大事なことは、「勝てる相場で確実に利益を得る」ことです。そのために、多くのトレーダーは、さまざまなテクニカル分析などを駆使して、自分が「ここなら絶対に勝てる」というポイントを探して、ポジションを取ります。

ところが、トレードに面白みを覚えるようになると、なぜかいつもポジションを持ちたくなります。自信が持てないのにも関わらず、「えいやっ」とばかりにポジションを持ってしまうのです。

このように、のべつまくなしポジションを持ってしまうと、ほぼ必ずといって良いほど、大損します。実際、自分自身で自信が持てない状態なのにポジションを持っても、勝てるはずがありません。しかし、FXのトレードにはまってしまうと、そんな簡単なことが見えなくなってしまうのです。

したがって、FXでポジションを持つのは、自分で「これなら大丈夫」というように自信が持てる時に限定しましょう。自信がない時には休む。「休むも相場」という相場格言もあるくらいなのですから。

また、大きな損失を被った場合も同じです。誰もが経験あると思いますが、大きな損失を被ると、精神的にかなり落ち込みます。このような時、何とか損失を取り戻そうとしてエントリーしても、上手くいくはずがありません。何しろ精神状態が不安定で、何としてでも損失を取り戻そうとして肩に力が入っていますから、正しい判断ができなくなります。なので、大損をしたら、しばらくトレードから離れて、冷静さを取り戻すのを待ちましょう。

タイミングが合わない場合も一服する

相場がボックス圏に入った時、なかには細かい上下を捉えて利益を得ようとする人もいます。でも、FXで一番簡単なのは、トレンドが出ている時です。細かく上下を繰り返す方向感のない局面というのは、利益を上げるうえで一番難しいのです。

たとえば、多少円安になると思ってドルを買ったところ、円高に振れて損失を被った。その直後、ドル売りのポジションに切り替えたところ、今度は円安に振れて、そこでも損失を被ってしまうというように、タイミングが全く合わず、まるで往復ビンタを食らったかのように、両方のポジションで損失を被ってしまうケースがあります。

このような時は、間違いなく相場の流れに乗れていませんから、慌ててポジションを取るのではなく、一服するのです。買おうと思った時に買わず、売ろうと思った時にも売らずに、ただ、為替レートの動きをチェックするのみに止めておくのです。
そして、何となくタイミングが合いそうだと思った時に、再びエントリーします。つまり、タイミングが合わない時には一服入れて、タイミングが合うような調整を、自ら行います。

トレードには、「買う」、「売る」、「休む」という3つの局面があることを忘れないようにして下さい。何もしなければ、利益もありませんが、損失を被ることもないのですから。

【関連記事】
FXの短期売買はリスクコントロールが重要
FXで外貨を長期保有する際のポイント
FXでは「損小利大」を目指そう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。