賢い大人女性の選択 とは?

【CONTENTS】
Page1:バラの花さえ傷めずに洗える洗濯機
Page2:どんな洋服のお直しもお任せあれ! 完全予約制のリペア&リメイクサロン

Miele

Miele(ミーレ)

ファストファッションが主流になった今、トレンドアイテムを1シーズンだけ楽しんで、その後はリサイクルに回したり、仕方なく処分してしまったり……なんてことが当たりまえになっています。だけど、もちろん気に入った洋服はできるだけ長く着たいし、また、大切にずっと着られる洋服が欲しいと思って、買い物の際、多少値が張っても上質な素材で作られたものをセレクトする大人女性も多く存在することでしょう。

今回お届けするのは、そんな大切な洋服を長く楽しむためのアイデア。今までドライクリーニングに出すしかないと思っていたデリケートな素材の洋服でも自宅で洗える洗濯機や、「ダイエットに成功したため、既存のパンツが合わない……」「思い切って洋服自体のデザインを変えたい!」なんていう時に相談できるお直しサロンをご紹介します。

バラの花さえ傷めずに洗える洗濯機

Miele

全自動洗濯乾燥機 WT 2780 WPM 46万8300円(税込)※2013年6月~の価格/Miele(ミーレ)

シルクのトップスやレースのドレスを買ったはいいけれど、デリケートな素材で作られた洋服って、着た後のケアが面倒だと感じている人も案外多いのでは? 最近では、シルクやカシミヤのアイテムでも、手洗い可の表示が付いているものを見かけるようになりましたが、やっぱり高価なアイテムだけに、クリーニングに出さないと傷めてしまうかな、と心配になったり……。だけど、デリケートな素材の洋服を着用後に毎回クリーニングに出していては、クリーニング代自体が贅沢品のようにお財布を圧迫してくる可能性も否めません。

日本に比べてクリーニングの使用頻度が高くないドイツでは、スーツや高級な衣服も自宅で洗うケースがほとんど。そのため、家庭用洗濯機には、デリケートな素材に対応することが求められています。また、環境意識が高いことから、毎日洗濯するのではなく、何日か分の衣服を素材ごとにまとめて洗濯するのが一般的になっています。

Miele

バラの花を傷付けることなく洗える、Miele(ミーレ)の全自動洗濯乾燥機。

今回ご紹介するドイツ製家電製品の老舗「Miele(ミーレ)」の全自動洗濯乾燥機は、そんなドイツで誕生した製品だけあって、最新のマックブック・プロに匹敵するくらい高性能で、様々なプログラムが付いています。22種類のシミ取りプログラム、最短20分で洗濯が可能なクイック洗い機能、アイロン掛けの必要性を軽減してくれるシステム、そしてノロウィルスを失活化させるといわれている85℃以上の高温洗浄まで、色々なニーズに対応しています。

何といっても驚きなのが、バラの花さえ傷めずに洗えるシルクモードを搭載している点。摘んだばかりのバラの花5つを、ミーレの洗濯機のシルクモードで洗っているところを実際に拝見したのですが、36分後、すべてのバラの花が傷ひとつなく出てきました。それほど、優しくデリケートに洗い上げてくれるということ。これなら、奮発して購入したブランドもののシルクワンピースだって、自宅で安心して洗えます。

洗濯機自体、決してお財布に優しい買い物ではありませんが、ミーレ製品は20年の使用を想定したテストを行っており、長期間安心して使うことができるので、長い目で見たら結果的にコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。万が一故障した場合でも、ミーレ・ジャパン コンタクトセンター(お客様サポート)に電話もしくはメールをすれば、ミーレのエンジニアが専用の車(ミーレカ―)で駆けつけてくれるので安心。部品についても、機能部品に関しては、15年間保管しているため、現行の機器製造中止後も長期間の修理対応が可能です。

■ミーレ・ジャパン コンタクトセンター(お客様サポート)
Tel.0120-310-647 
E-mail:info@miele.co.jp (月~金 9:00-17:30 土日祝休み) 


次のページでは、どんな洋服のお直しも相談にのってくれる、完全予約制のリペア&リメイクサロンをご紹介します。


どんな洋服のお直しもお任せあれ! 完全予約制のリペア&リメイクサロン

LeCalendrier

リペア&リメイクサロン「Le Calendrier((ル・カランドリエ)」の内観

「ワードローブにあるお気に入りのショートパンツ。はきやすいし、長く使えるデザインだったのに、体型が変わってはけなくなってしまった……。」「店員さんに『ジャストサイズです』と言われて買ったMONCLER(モンクレール)のダウンジャケット。だけど、もっと体にフィットするシルエットが理想なんです」「可愛いと思って購入したオールインワン。でも、トイレの時とか面倒なので、ワンピースにリメイクしたい!」これらすべて、今回ご紹介するリペア&リメイクサロン「Le Calendrier(ル・カランドリエ)」に、実際に寄せられたお悩みの数々。

皆さんも、「このスカート、Aラインからタイトなシルエットに変更できたら……」とか、「ワンピースをセールで買ったはいいけれど、なんだかサイズが合ってないな」「母親から譲ってもらった毛皮のコート、なんかデザインが古くて着られない……」なんていう不満を抱えている洋服が、クローゼットに一つや二つ、眠っていませんか?

LeCalendrier

「ダイエットに成功したため、ショートパンツが体型に合わなくなってしまいました。何とかしてください!」というお悩み。ウエスト3cm詰め、前のタックが浮きすぎているのでステッチで押さえる、クリーニングにより表が縮んでしまい裏地が出ているので2cm詰めるなどのお直しをした結果、ゆるかったウエストもピッタリサイズになり、落ちてくるストレスが解消されました。また、広がっている裾を細くしたいとの要望も、タイトめの裾周りになり、バランスも良くなりました。
 

そんな人におすすめなのが、お直しサロンを活用すること。リペア&リメイクサロン「Le Calendrier(ル・カランドリエ)」は、末永く愛用してもらうことをモットーにしており、既製服よりも丁寧な縫製で仕上がってくるので、安心して任せることができます。今までのお直し屋さんでは断られてしまった、高級ブランド品や特殊素材(レザー、毛皮、ニット、ダウン製品)などのお直しも任せられるほど、確かな技術を誇っています。また、トレンド感も学んでいるスタッフが揃っており、従来のお直し屋さんでは理解してもらえなかった流行のデザインも叶えることができるのが嬉しい。例えば、お手持ちのワンピースに、ぺプラムを付けてもらえば、眠っていたワンピースがトレンド服に早変わり!
LeCalendrier

「可愛いと思い購入したものの、非常に着づらい。オールインワンをワンピースにリメイクして下さい!」というご相談。パンツ部分をスカートにリメイクした結果、外出先で不便だったオールインワンが、ワンピースに変わり着やすくなりました。また、パンツスタイルからスカートに変わり、フェミニンさも増しました。

ル・カランドリエでは、十分なカウンセリングとご提案をするため、完全紹介制で予約制となっています。今回、特別に「オールアバウトを見た」とご予約の際伝えていただければ、利用することが可能です。ぜひ「リペア&リメイクサロン」で、寛ぎながら、新しい贅沢な時間をお過ごし下さい。

■Le Calendrier(ル・カランドリエ)
営業時間:(月~金)12:00~20:00 (土)12:00~17:00 (日)定休日
※事前にご連絡すれば、日曜日も可能です。
Tel. 070-6515-2262
E-mail:info@le-calendrier.jp
※御自宅までの出張サービスも行っていますので、ご相談下さい。

=================================================
【取材協力】
Miele(ミーレ)
Le Calendrier(ル・カランドリエ)
=================================================
【最新記事】
ポスト・マノロブラニクと称される話題の靴!
旅行にも最適! 楽でおしゃれなスウェット風デニム
知っておきたい! ウィーン発アクセサリーブランド3
おしゃれ・コスパ・履き心地 3拍子揃った人気靴
ランニング初心者のためのアイテム選びのコツ
靴好きは見逃せない!映画『私が靴を愛するワケ』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。