使い勝手が良い“適材適所”の収納

使う場所の近くに収納を設ける、つまり適材適所に収納があると物の出し入れがしやすく、片付けがラクになるので散らかりにくい住まいになります。特に、食器や小物、雑誌やおもちゃなど、物が多いLDKには多めに収納を設けるとよいでしょう。

undefined
オープン棚のような「見せる収納」と扉を付けた「隠す収納」。しまう物の色や形は美しいか、見せたい物か、毎日使う物かなどを基準にどちらか選びましょう

オープン棚のような「見せる収納」と扉を付けた「隠す収納」。しまう物の色や形は美しいか、見せたい物か、毎日使う物かなどを基準にどちらか選びましょう


使わなくなったおもちゃや思い出の品、季節家電などの収納場所として最適な小屋裏収納

使わなくなったおもちゃや思い出の品、季節家電などの収納場所として最適な小屋裏収納

このモデルハウスには、2階LDKと子供部屋から入れる小屋裏収納があります。小屋裏収納は、天井高等の基準を満たせば延床面積に参入されないため、広めの収納スペースを確保したい場合にはおすすめのプランです。

 
子世帯用の玄関横にはミニドレッサーがあり、子供の帰宅後の手洗い・うがいの習慣づけにもなります

子世帯用の玄関横にはミニドレッサーがあり、子供の帰宅後の手洗い・うがいの習慣づけにもなります

1階には玄関が2つあります。親世帯用の玄関には大きな収納棚が、子世帯用の玄関には壁面いっぱいのシューズクロークがあります。スペースが確保できるならシューズクロークがおすすめで、家族の靴はもちろんコートやかばんなどを収納すれば、外出・帰宅時の準備や後片付けがスムーズになるでしょう。

 

「自分だけの空間」でちょっぴり贅沢な気分を

趣味を楽しんだり、家事の合間に一息つくのに「小さくてもよいから自分だけの空間が欲しい」という奥様は多いと思います。キッチン横や家事動線上に、オープンなつくりの奥様専用スペースを設ければ、家族の気配を感じながら自分の時間を過ごせます。3畳ほどのスペースでも、好みのインテリアでまとめることで贅沢な気分を味わえる空間になるでしょう。

趣味や仕事、ちょっとした家事もできる奥様専用の「プチ・リュクス」。自分だけの空間だからこそ、好みのインテリアでまとめましょう!

趣味や仕事、ちょっとした家事もできる奥様専用の「プチ・リュクス」。自分だけの空間だからこそ、好みのインテリアでまとめましょう!



奥様が快適なら、家族全員が心地良く過ごせる家に

動線や収納の工夫、専用スペースの確保など、奥様が快適に暮らせる間取りのポイントをご紹介しましたが、多くの奥様がこだわるもう一つのポイントが「外観デザイン」です。

せっかく注文住宅を建てるなら、外観にも自分らしさを表したいものです。モールディングや鋳物の装飾アイテムを用いたり、建物が美しく見える角度にシンボルツリーをレイアウトするなど、街並みに配慮しつつ個性を豊かに美しく表現したいですね。

奥様が毎日を快適に過ごすことは、家族全員の心地良い暮らへとつながります。家を建てる時には、奥様の“こだわり”を大切にし、家族みんなが生き生きと暮らせる住まいをつくりましょう。

undefined
パリのアパルトマンをイメージした、クラシックとモダンのミックススタイルの外観。ファサード(正面)はもちろん、サイド(横側)も美しくデザインされています

パリのアパルトマンをイメージした、クラシックとモダンのミックススタイルの外観。ファサード(正面)はもちろん、サイド(横側)も美しくデザインされています


【関連記事】
間取りから考える収納プラン

新百合ヶ丘駅前モデルハウス
3世代の暮らし「ツインファミリー トロワ」
“あったらいいな”を叶える家「シュシュ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。