パワーストーンと宝石、その種類は?

地球上に鉱物は4000種類以上あるとされていますが、そのうちパワーストーンとして扱われる石は約300種類。さらに宝石として採掘されるものは、約70種類と言われています。

宝石と呼ばれる条件

  • 外見が美しい
  • 希少性がある
  • 耐久性がある
  • 硬度が高い
石が「宝石」と呼ばれるには、上にあげた条件を満たしている必要があります。その中で財産的に価値の高いものが「貴石」、それ以外の宝石は「半貴石」と呼ばれています。

なお、日本パワーストーン協会としてはこのように定義しています。
「貴石は宝石レベルの美しさを持つ石で、半貴石はそれ以外のもの」

エメラルド

深いグリーンに輝く石「エメラルド」



>宝石の分類については、次のページで



宝石の分類

宝石の分類は、国や専門家により異なっており、宝石業界内でも統一されていません。ここでは、一般的なものをご紹介していきます。

【四大貴石(産出量が少ない宝石)】 ※ジェダイト(翡翠)あるいはアレキサンドライトを入れて、五大貴石と称する場合もある


【硬度が7以上の貴石】
【硬度7以下でも貴石とされる宝石】
※硬度7以下でも、その美しさから貴石として扱われる


【半貴石とされる宝石】
宝石とはされないパワースト―ンも数多くありますが、石はそんな分類とは関係なく神秘的なパワーを秘めています。自分に合ったパワーストーンをしっかり見極められたら良いですね。


パワーストーンブレス事典

「願いを叶える パワーストーンブレス事典」


こちらで紹介している他に、たくさんのパワーストーンを
詳しく紹介しています。

日本パワーストーン協会編著
願いを叶える パワーストーンブレス事典
(パッチワーク通信社)1,500円





【関連サイト】
・楽習フォーラム
日本パワーストーン認定講座



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。