パン、塩、胡椒、マスタードの場合は、
イメージ画像

足りないものは気軽にお願いしてみましょう。

数字の変化をすることはないので、このままの形で覚えてください。

・パンをいただけますか?
Je peux avoir du pain, s'il vous plaît?
(ジュ プー アヴォワーる デュ パン シル ヴ プレ)

・塩をいただけますか?
Je peux avoir du sel, s'il vous plaît?
(ジュ プー アヴォワーる デュ セル シル ヴ プレ)

・胡椒をいただけますか?
Je peux avoir du poivre, s'il vous plaît?
(ジュ プー アヴォワーる デュ ポワーヴる シル ヴ プレ)

・マスタードをいただけますか?
Je peux avoir de la moutarde, s'il vous plaît?
(ジュ プー アヴォワーる ドゥ ラ ムターるド シル ヴ プレ)

マスタードだけが名詞の前に来るのが de la になります。


ごちそうさまでした

フランス語には日本語の「ごちそうさまでした」に該当する言葉はありません。
とはいえ、食後に「おいしかった」という感謝の気持ちを表したいものです。

Merci. (メるシー / ありがとう)
C’était très bon. (セテ トレ ボン / おいしかったです)


では、いろいろな場所でいろいろな味を楽しんでください。
Bon appétit!!

※発音表記は、区別するために、R の音はひらがなで、L の音はカタカナで表示しています。

【関連記事】
旅で使える簡単なフランス語 2
レストラン/飲食店で使える便利なフランス語
フランスのカフェをもっと楽しむための知識



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。