母の日カーネーションの飾り寿司

所要時間:15分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物お寿司

 

母の日カーネーションの飾り寿司

握り寿司に飾りをつけて母の日をお祝いしましょう。

ここではお寿司の作り方も説明していますが、もちろんテイクアウトのお寿司でも作れます。

寿司の握り方はこちらの動画を参考にしてみてください。
日本すし学院提供「寿司を握ってみよう!」(YouTubeへリンクします。)


母の日カーネーションの飾り寿司の材料(1人前

カーネーションの飾り寿司
酢飯 1人前 200g 約10ヶ (1ヶ 15g~20g)
いか 150g 約10ヶ分 (1切れ10g~15g)
おぼろ 適量 赤やオレンジ色の食材
いくら 3g 1ヶ分
にんじん 花の形 数枚
きゅうり 適量 皮の部分を使います
カーネーションの明るい色が映える白身の魚を用意しましょう。

母の日カーネーションの飾り寿司の作り方・手順

カーネーションの飾り寿司

1:寿司を握る

寿司を握る
すし飯を20gほど長方形にとり、その上に好みの白いネタをのせ、ラップなどで形を付ける。
握りの上を食材が乗りやすいように少し平らに押える

2:カーネーションの飾りの準備

カーネーションの飾りの準備
キュウリのヘタや細い方を図のように切る。

3:ガクの部分

ガクの部分
ガク⇒ヘタの周りを少し切る。

4:茎の部分

茎の部分
茎⇒2~3cmの細切りにする。

5:葉の部分

葉の部分
葉⇒4等分して葉に使う。

6:花の飾りつけ

花の飾りつけ
ピンクのそぼろや赤、黄の食材を少し乗せる。
花の部分の食材は、マグロ、サーモン、明太子、紅しょうが、パプリカなど何でも良いです。
家にある食材で作ったり、買った握り寿司の端を少し切ったりしても作れます。

7:飾りつけ

飾りつけ
ガクと茎をつける

8:カーネーションの飾り寿司

カーネーションの飾り寿司
葉をつける

9:色や味のバリエーション

色や味のバリエーション
いくらやおぼろ、にんじんの飾り寿司で色々なバリエーションのカーネーションが出来ました。
花束にしたり、飾りつけも工夫してみましょう。

盛り付け

10:寿司桶に盛る

寿司桶に盛る
他のにぎりと一緒に、カーネーションの飾り寿司をプレゼント。
母の日の素敵な贈り物。


ガイドのワンポイントアドバイス

イカやヒラメなどは香り物を使うと一味旨くなるので、生姜、三つ葉、木の芽、漬物など味のバリエーションも考えて作りましょう。盛りつけも花束にしたり工夫して、母の日に感謝の想いを伝えましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。