JUN FANTATHEATERとは?

ガイド:
はじめまして、JUN(ジュンファンと呼ばせて頂いた方がいいのでしょうか?)ちゃん。今回、ミニアルバム『Cosmic Walk』(iTunes 4/17、CD 5/1)でのデビュー記念して、インタヴューさせて頂きます。JUN FANTATHEATERという不思議な名前は、どこからやって来たのでしょうか?

Cosmic Walk (Amazon.co.jp)
cosmicwalk

Cosmic Walk



Cosmic Walk (iTunes)


 
JUN:

jun

JUN FANTATHEATER

初めまして、JUNです。ジュンファンでもどちらでも構いません(笑)。よろしくお願い致します。JUN FANTATHEATERという名前についてですが、私の見ている世界をお見せするという意味で、ファンタジーに映画館のシアターを付けてファンタシアター。造語ですが、付けて見ると長くて憶えづらいという結果になりました。

 

チェブラーシカ大好き

ガイド:
ブログの方では、自ら“妖姫チェブ”と名乗っていますね。チェブとはチェブラーシカが好きすぎて、そうなったのでしょうか? チェブラーシカとの出会いは?

JUN:
ロシアアニメーションの本がきっかけで知って、その時は特に興味が湧かなかったのですが、動いているアニメーションを街で見かけて恋に落ちました。

ガイド:
実は、僕もロシアものが好きという事もあって、チェブラーシカには愛着があります。ロシアに行くと、確かにチェブラーシカ・グッズもあるのですが、実際その手のグッズものに強い日本の方が、いろんなのがあったりします(笑)。お気に入りのグッズとかあれば、教えてください。

JUN:
そうですね、グッズはかなり沢山持っています。最近の商品でいうとチェブ型のペットボトルなんか面白いですが、やはりスタンダードなサンアローから発売されているぬいぐるみですね。現在販売されているものは2010年の映画公開に合わせてリニューアルされた物なんですけど、リニューアル前のぬいぐるみは凄く個体差があって、買った時期によって同じ商品なのに毛質とか違うんですよ! 1匹1匹の個性が凄くあってお店でスカウト(購入)する時に造りが粗い子ばかりスカウトしていたので個性派ぞろいなんです。我が家にはチェブ村があるんですけど、殆どがリニューアル前の子達ですね。

ガイド:
チェブラーシカの人形アニメ『こんにちはチェブラーシカ』は、ロシア語の勉強も兼ねて、見ました。登場人物(動物)でチェブラーシカ以外にお気に入りとかいますか?

JUN:
ライオンのレフ・チャンドルが渋くて好きですね。

音楽活動のきっかけ

ガイド:
あ、なんかチェブラーシカの話ばかりになってしまいましたが、音楽の話をしましょう。作詞作曲、トラックメイキングまでこなされていますが、音楽活動のきっかけは?

JUN:
jun

JUN FANTATHEATER

元々歌が歌いたかったんですけど、曲を書いてくれる人も一緒に音楽してくれる友達もいなかったのでDTMをはじめたのがきっかけです。

 

ガイド:
自分に影響を与えたアーティストなどがいれば、教えてください。

JUN:
影響となると思い浮かばないですね、好きなアーティストとか聴いていたアーティストとかだとJUDY&MARYとかPlasticTreeとかいるんですけど。

ミトメマコト師匠について

ガイド:
All Aboutのインタヴューに登場して頂いたミトメマコトさんに師事されているとか。今回のサウンドプロデューサーでもありますが、どんな師匠ですか?

JUN:
99%厳しくて1%だけ優しい師匠です。絶対に褒めてはくれませんけど、音楽に関しては私が納得のいくまで最後まで向き合ってくれてとても尊敬しています。それに先ほどの影響を受けたアーティストと言われるとミトメマコトが一番当てはまるのかも知れません。

「カレイドスコープ」と宇宙

ガイド:
オープニングを飾る「カレイドスコープ」は、イントロから宇宙観が漂う軽快なエレクトロポップ! アルバムタイトルにも繋がるコンセプトですね。やはり、宇宙ものとか好きなのでしょうか?

JUN:
はい。宇宙は好きです。物心ついた頃からよく宇宙を想像して自分の小ささとかを感じて怖くなってました。映画とかも宇宙ものは結構見ますし衣装もずっと宇宙柄のものを着ていました。

「Favorite Star」と空中分解

ガイド:
「Favorite Star」は、空中分解が作曲編曲。空中分解 feat. アンテナガールとして『ルミナスター』で昨年デビューされていますが、JUNさんとも世界観が共通していているので、とても納得できるコラボ。空中分解との接点は?

JUN:

jun

JUN FANTATHEATER

空中分解さんが好きでライヴを見に行っていたんです。それでずっとアンテナガールをカヴァーしたいと言っていたら2年位前かな? お年玉にアンテナガールのオケを送ってくれたんです! それ以来ライブではずっとカヴァーさせて頂いてました。

 

アッパーな「パラレル」

ガイド:
クリップも制作された「パラレル」は、今回、オリジナルとゲッカンプロボーラーのyaskikutaさんのリミックスの両曲が収録されています。かなりアッパーな仕様になっていますが、作る前からアッパーにしようと思っていたのですか? それとも、製作中にどんどんスピード感が出て来たのでしょうか?

パラレル
(YouTube)

JUN:
元々アッパーな曲にしようと思ってました。イントロで頭をふり乱して、サビでは分かりやすく印象的なメロをと思って描いた曲です。

「リンとラム」と佐々木喫茶さん

ガイド:
「リンとラム」は、レコライドとしてAll Aboutに登場して頂いた佐々木喫茶さんの提供曲。いい意味で不思議なメロディーと展開の曲ですね。実際、歌ってみて、どうでしたか?

JUN:

jun

JUN FANTATHEATER

自分では絶対に書けない曲なので歌うのが楽しいです。でも歌詞が難しかったので覚えるのに苦労しました。喫茶さんらしい曲でとっても気に入っています。

 

リリースパーティー!

ガイド:
4月30日には、ゲッカンプロボーラーフェスタvol.14として、リリースパーティーが計画されていますね。パーティーに向けて、見所をぜひちょっとだけでも明かしてください。

ゲッカンプロボーラーフェスタvol.14 JUN FANTATHEATER 1st mini album 「Cosmic Walk」RELEASE PARTY!!

JUN:
今回は8アーティスト出演と平日なのにとっても豪華ですし、ゲツプロフェスタならではの転換なしノンストップで8アーティストはかなりの見ごたえだと思います。このゲッカンプロボーラーフェスタは私が1段づつ階段を上って来たイベントでもありますので又1段上る瞬間を一緒に見届けて欲しいです。

【関連リンク】
JUN FANTATHEATER OFFICIAL WEB SITE
妖姫チェブの妖怪通信

【関連記事】
ミトメマコトのエレクトロ研究!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。