ポッチャリ VS マッチョ

イギリスの大学の研究で、赤ちゃんが好む理想の男性像を探るという面白い実験が行われました。その実験には、3ヵ月半、6ヶ月、9ヶ月の赤ちゃん達が参加し、次のような写真を見比べる様子を観察しました。

左はポッチャリ、右は筋肉隆々、赤ちゃんが選んだのは?

左はポッチャリ、右は筋肉隆々、赤ちゃんが選んだのは?


この写真は連結していますが、実際の場では、1枚の写真に、左がウエスト寸胴のポッチャリ体型、右が逆三角形のマッチョ体型という組み合わせになっており、顔を出したパターン(左)、隠すパターン(中央、右)を数パターン準備。それらを1枚ずつ赤ちゃんに見せ、10秒間にどちらをどれだけ見つめるかを計測しました。

その結果、3ヶ月半と6ヶ月の赤ちゃん達は、ポッチャリと筋肉隆々のどちらかを好むという顕著な傾向は見られませんでしたが、9ヶ月になると、その明らかな好みが出てきていたのです。

それは、ポッチャリ体型が好みということでした。なお、この傾向は顔の部分が隠されているときだけに見られたそうです。(顔がはっきりと出ていると、顔の方に興味が向いてしまうため)

>>次ページは、赤ちゃんがポッチャリ体型を好むワケについてです。


*出典&写真アメリカの学術誌 Journal of Experimental Child Psychology (2013) 「Nine-month-old infants prefer unattractive bodies over attractive bodies」より