運転する時には必須のアイテム

 

 

車を運転する時、なぜか手元だけが日焼けをしてしまうことが多いです。冬は手袋をつかってUVケアをしているのですが、温かくなってきたので「もうそろそろ春準備」と、コットングローブを100均のセリアで購入してきました。

コットングローブと言うと聞こえはいいですが、タクシーの運転手がはめているような木綿でできた手袋です。日焼け止めやハンドクリームを塗った後、この手袋をして運転します。ハンドクリームをつけた後、ハンドルを握るとべたつきますが、コットングローブをはめていると大丈夫。日焼け止めをしていても、車に乗っていると日焼けしてしまうことも多いので、夏場はこの手袋があるだけで違います。

日焼け止めを塗り忘れた時も、1つ車内に「置き手袋」があるとはめるだけでUVケアができます。

 

 

セリアで購入しましたが、ダイソーなどでも売っているはずです。これは手首までのものですが、ひじまであるタイプもあり、色も白以外にパステルピンクやパステルブルー、手のひら側がメッシュになっているものなどもあります。

日焼け止め、ハンドクリームを塗った後にはめるものなので、105円の値段だと躊躇なくつけられ、その点もお気に入りです。

■コットングローブ
メーカー:株式会社マコト
価格:105円
購入可能場所:100円ショップ セリアなど
セリアHP:www.seria-group.com/

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。