椅子のポーズの方法

両足の間をこぶし二つ分くらい開けて立ちます。息を吸ってゆっくり吐きながらひざを曲げ、腰を落としていきます。同時に両腕を前に出し、肩の高さまで持ち上げます。そこで3呼吸分キープします。息を吸いながらひざをのばし、立ち上がります。

ポイントは正しい姿勢

正しい姿勢で行うことがポイントとなります。前かがみにならないように背筋を伸ばし、胸を張ります。骨盤を起こして、おしりを突き出すようにします。視線は両手の先を見つめ、穏やかな表情で。ひざがつま先よりも前に出ないようにし、重心は後ろに意識しましょう。なるべく腰を落とし、太ももと床が平行になるくらいが理想的です。かかとを上げてバランスを取るようにすると、ふくらはぎへの負荷が増し、引き締め効果がさらに高まります。

ふくらはぎ以外のシェイプアップにも

きっと誰もが一度はやったことがあると思われる空気椅子のような姿勢、それが椅子のポーズです。脚に力をいれたまま、3呼吸分キープするのはきついですが、その分高い効果が期待できます。特につま先立ちになると、ふくらはぎがプルプルするほど。ふくらはぎだけでなく、脚全体や腰、両腕のシェイプアップにもなりますよ。このポーズを行うと、次の日ふくらはぎが必ず筋肉痛になります。きっと筋肉がついているのだと確信しています。

ポーズをとるのは大変ですが、気持ちがリラックスできます。週末を中心に行っているのですが、ヨガのレッスンが楽しみです。

鏡を見ながら、きれいなポーズが取れているか確認しながらやってみてください。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。