食事の半分を野菜に変えてお腹を満たすダイエット法

金曜日の夜22時から月曜日の朝6時まで、プチ断食をやりました。その間にはいつものご飯と料理の量を半分にします。お腹を満たす為に、キャベツかキュウリを食べます。朝と昼食、夕食に3回に分けて食べていきます。

水と共に食べると、かなり食べ易くなります。キャベツは丸ごと一個冷蔵庫に冷やしておき、キュウリも丸ごと冷やしておきます。味に飽きたら、味噌やノンカロリーのドレッシングを付けて食べました。

カルシウムも必要なので、チーズかヨーグルトも必ず1日に2回は食べるようにしました。

よく噛むことがポイント

ご飯や料理類はいつも通りに作りますが、量を半分ほどに減らして味を濃いめに作るのがポイントです。キャベツやキュウリは、冷やしておくと味を美味しく感じて食べ易くなります。

切ったりしなくても、そのままの形で食べるのが栄養素も摂取出来るのがコツです。ご飯や料理を食べる前に食べるのがコツで、よく噛んで食べるのもポイントです。この方法で、お腹が結構満たされます。チーズとキュウリを混ぜ合わせて食べても良く、キャベツは丸めて食べると食べやすいです。

嬉しいアンチエイジング効果も

顔がまず小さくなってきました。頬から顎にかけての脂肪が減ってくる効果があり、顔が5日も経つとだいぶ小さくなるのが分かりました。胸の脂肪も減り、形が良くなる効果もありました。

お尻からお腹にかけても、前よりもタルミも減って小さくなりました。体が軽くなり、下半身が動き易くなりました。肌の調子も良くなり、吹き出物が少なくなって若返りました。全体的に、顔から全体的にかけて若返る効果が見られました。アンチエイジング効果のある、若返るダイエットでした。

■良かった点
いつものご飯類を食べながら、野菜の旨味を感じながら出来るダイエットでやりやすかったです。プチ断食なので、体の中が浄化されたようで、週明けにはコンディションが良く、楽しい気分で一週間が過ごせるようになりました。

■悪かった点

トイレに行く回数が多くなったのが、少し困った点です。


やってみると、結構簡単に慣れるダイエット方法です。体の調子も改善されるので、とても気持ちが良いダイエット方法でお勧めです。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。