FXでリスクを少なくして勝ち続ける、私の方法

私はFXで運用をしてお金を儲けています。以下に私の投資方法に関してポイントをしぼってお教えします。

1、たっぷりお金を入れて、少しだけ買う
FX長者の私の方法は……

FX長者の私の方法は……


ひとつは、預け入れ資金に対して、ポジションを張るのは少額に抑えておくこと。たっぷり資金を入れておき、ロスカット余力を多く持っておくことです。

ざっくりとしたイメージでは、ポジションは預け入れ資金の1割未満に抑えておく。たとえば、100万円を預け入れたとしたら、運用するのは10万円未満にしておくことです。つまり、レバレッジは10倍未満で抑えるということです。こうすることで、為替が多少動いてもロスカットされにくいため、夜も安心してぐっすり寝られます。

2、小さくナンピンする
一気に多額の資金を投下するのではなく、手持ち資金を小分けにし、少しずつ買い足していくことです。下がったらナンピン、下がったらナンピン、を繰り返していく、という方法です。これで、低い値段のポジションを増やしていきます。とはいっても、下がったからといってすぐに飛びつくのはケガのもとです。まだ下落トレンドの途中かもしれないからです。

そこで、少しニュースを集めて、中期的なトレンドはまだ下なのか、あるいは切り返してくるタイミングなのか、慎重になっておきましょう。ただし1で紹介したとおり、取引に使う証拠金は、預け入れた資金の10分の1以内に抑えます。これによって強制ロスカットを防ぎます。

3、高い値段のポジションを解消していく
相場が上昇してきて為替差益が出てきたら、高い値段で買ったものから売却して、平均の約定レートを下げていくことです。つまり、相対的に高い値段で買っているポジションを解消して、低い値段で買ったものだけを残すようにします。
その後しばらくして、再び暴落局面になったときに、低い値段で買い増しし、また戻ってきたら高い値段のものを落としていく。

もちろん、乱高下しているときは、途中で折り返してしまうことがあるので、これが絶対ではありません。これにこだわらず、細かく利益確定していってもよいと思います。いずれにせよ、低い値段、より低い値段で買っておけば、ある程度安心して持ち続けることができます。

4、最期は全部利益確定する
最終的には、いったん全部利益確定して、ポジションをスクウェアにしたほうが良いでしょう。チャンスは再びやってきますから、じっと次のチャンスを待つのです。なぜかというと、大きなトレンドに巻き込まれないためです。

1ドル100円が85円に下がれば暴落です。しかし、大きなトレンドはまだ円高かもしれません。たとえば、1ドル200円から、170円に下がれば暴落です。当時は、1ドルが150円を下回るなんて、誰も予想していませんでした。にもかかわらず、170円で持ち続けていたとしたら?そのときは、いくら暴落だと思っていても、5年10年のスパンでは、長期トレンドの中のちょっとした調整かもしれないのです。そこで、ずっと持ち続けようと考えるのではなく、きっちり利益確定していくことです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。