わかりづらかったダウンロードの状況をメイン画面の下部分に表示してくれる

 

メイン画面の下の方にダウンロードの状況がわかるツールバーが表示される

 

      カスタマイズしてさらに使いやすくすることができる

 

      転送速度の色を変更すればダウンロード状況の把握が簡単に


Firefoxの初期状態で設定してある「ダウンロード画面」はかなりわかりづらいです。でも、非表示にしてしまうと、ダウンロードの状況がつかめなくて、これもまた不便です。このような問題を解決してくれる便利なアドオンがあります。それが「Download Statusbar」です。

このアドオンを入れるとわかりづらかったダウンロードの状況をメイン画面の下部分に表示してくれます。また、複数のファイルをダウンロードしているとそのたびにダウンロード画面を閉じるといった作業もなくなります。ダウンロードの状況がメイン画面で確認することが可能なので見やすくなります。

見やすいダウンロード画面

ダウンロードするのは何でも構いませんが、ここでは「Adobe Reader」をダウンロードしてみます。

普通にダウンロードすると、メイン画面の下の方にダウンロードの状況がわかるツールバーが表示されます。詳細では転送元、転送先、ファイルのサイズ、ダウンロードにかかった時間、平均転送速度などといった情報が確認できますので、非常に便利です(1枚目の画像参照)。

カスタマイズしてさらに使いやすくする

メイン画面の下にあるダウンロードにマウスカーソルを合わせて右クリックを押すと、オプション、ダウンロード履歴といったものが表示されます。カスタマイズで便利な機能として、ダウンロード済みならプラウザを閉じるときにクリアされます。

転送速度の色を変更すればダウンロード状況の把握が簡単に

複数のファイルをダウンロードしていると、サーバーの混み具合によってファイルのダウンロードが遅いことがよくあります。その時、どのファイルの転送速度が遅いのかを把握できると、そのファイルだけを止めて、他のファイルを先に処理することでダウンロード時間を短縮することができます。転送速度によって色を付ければさらにわかりやすくなります。

他のカスタマイズ機能も試してみると意外と便利だったりしますので、あとはご自身のお好きなようにカスタマイズしてみてください。

■Download Statusbar
価格:無料
公式サイト:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/download-statusbar/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。