元気をくれて、笑顔になれるNO1ソング「ポニーテールとシュシュ」

とても明るい笑顔と、可愛らしいポニーテール姿で歌う姿が素敵な曲です。
このポニーテールとシュシュは、名前もとても覚え易くてユニークな感じがします。昔、ポニーテールがとても流行っていた時代を思い出して、懐かしいなと感じたのを覚えています。

そのポニーテールという髪型を、秋元流にアレンジして格好良いナンバーに仕上げてしまったのが脱帽です。さすが、秋元さんだなと感激してしまったのと、この曲でAKBの事に触れたくなりました。

何よりも、この音楽がとても素敵です。
風の中、君が走るというフレーズが、その素敵な速いテンポの曲によく馴染んでとても良いのです。この歌詞が、男の子目線から書いたもので、それを女の子達が歌う所が胸にくるのです。

白い砂浜で、ビキニを着ながらカメラの前で笑顔で歌う姿は、まるで人魚姫の様にも見えて感動します。思春期の男の子が女の子を見て密かに想う心を詞にした様な曲で、あの頃の時代を思い出して感動します。

最後のLALALALAという部分も、何故かAKBが歌うと感動する歌詞となるのが不思議なところです。何か悩みがある時や落ち込んだ時にこの曲を聴くと、悩みが吹き飛んで体の中から元気が沸く曲でもあります。ビデオクリップも、みんなとても楽しそうに寝転んだりして、お人形さんの様に愛くるしいのも素敵だと思います。

ビキニ姿になるだけでも、かなり勇気もいったと思うし、メンバーも色々と苦労したと思います。でも、みんな明るく、仲が良い感じも素晴らしいなと感じます。みんなに元気をくれて、笑顔にするNO1の曲です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。