かすかな酸味と、後味にピリリと刺激が来るものの、
かなりまろやかな甘口カレー

 

     イエローカレー(写真左)とマサマンカレー(写真右)


2011年にCNNGoが行なった「世界一おいしい料理」のNo.1の座に輝いたのがこの「マサマンカレー」です。別名「イスラムカレー」。

タイカレーならではのかすかな酸味と、後味にピリリとちょっと刺激が来るものの、かなりまろやかな甘口タイプです。

写真ではあえてイエローカレー(写真左)と並べていますが、とても似ていてパッと見では見分けが付きにくいので、お買い求めの際はご注意ください。オレンジ色のほうがマサマンカレー(写真右)ですよ。

パッケージ裏に記載のおすすめ具材は「じゃがいも、にんじん、ピーナッツ、カシューナッツ」とあります。ナッツ類はスーパーのおつまみコーナーでミックスナッツを買ってくるなどすればOK。比較的オーソドックスな具材なのもありがたいです。カレーにナッツがあるのとないのとでは、やはり風味が全然違います。すっかりハマってしまいました。

とにかく、ロイタイのカレーがお好きな方も、まだ食べたことがない方も、ぜひ世界一のおいしさをご賞味ください!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。