あまった溶き卵を無駄なく食べきる

炒り玉子を4色弁当に

炒り玉子を4色弁当に

フライを作るときに衣として使う溶き卵は、2人分だと1/2個で十分。もう半量は炒り玉子か錦糸玉子にしておきます。残った量によって、少なければ炒り玉子、ちょっと多めだったら錦糸玉子、と使い分けています。

いずれも少量での作業なので多少作りにくいかもしれませんが、命を頂いていることに感謝をし、残りの一滴まで無駄なく使いたいと思っています。

炒り玉子の材料

  • 溶き卵 半量
  • 塩 少々
  • 砂糖 少々

炒り玉子の作り方

  1. 溶いた卵に調味料を入れ、混ぜる
  2. 小鍋に1. を入れてから火にかけ、菜箸4本で卵が固まるまで絶えず混ぜる

ポイント

  • 小鍋の方が作りやすいです。また、卵を入れてから火にかけることで、卵に均等に熱が入るので細かくポロポロの炒り玉子が作れます。
  • そぼろご飯やちらし寿司、マヨネーズを混ぜてサンドイッチの具などに使っています。
  • すぐに使わないときはあら熱をとってからラップにつつみ、冷凍庫へ。

錦糸玉子の材料

  • 溶き卵 半量強
  • 水溶き片栗粉 小さじ1程度(水:片栗粉=1:1)

錦糸玉子の作り方

  1. 溶き卵に水溶き片栗粉を混ぜる
  2. フライパンを熱し薄く油をひき、1. をフライパンに入れ全体にまわす
  3. 周りがめくれてきたら菜箸ではがし、そ~っと裏返す
  4. さっと焼いて皿にとり、あら熱をとって好みの幅・長さに切る

ポイント

  • 少量で作るので、フライパン全体に行き渡らないことが多々ありますが、綺麗な形(丸)に焼けなくても、裏返す際に破けてしまっても、仕上げは切ってしまうので気軽に作れます。
  • 水溶き片栗粉を加えることで破れにくくはなります。
  • 巻き寿司の具、チラシ寿司、青菜との和え物、中華風スープの具などに使用しています。
  • 炒り玉子同様、すぐに使わない場合はあら熱をとってラップにつつみ、冷凍庫へ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。