オーストリア初めての人におすすめ
ウィーン市内観光半日ツアー

シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿

ヨーロッパのほぼ中心部に位置し、古くから交通の要衝として発展してきたウィーン。当然ながら多くの文化が集まる都市でもあったので、「音楽の都」、「芸術の都」、「建築の都」など、さまざまな言葉でたたえられています。

13世紀末から第一次世界大戦までの長きにわたり、ウィーンは、広大な領域を支配するハプスブルグ帝国の首都として栄えました。そして、シェーンブルン宮殿、ベルヴェデーレ宮殿といった美しい建築が生まれたのです。

1848年の三月革命後のフランツ・ヨーゼフ1世の時代になると、リングシュトラーセ(リング通り)ができました。街路樹の美しいこの環状道路沿いには、王宮やオペラ座、市庁舎、博物館、教会などが次々に建てられました。

現在ウィーン歴史地区と、シェーンブルン宮殿は、世界遺産に登録されています。

このツアーでは、この2つの世界遺産を、日本語ガイドによる案内で、午前中の半日でめぐります。

国立オペラ座を出発し、最初に向かうのは世界遺産のシェーンブルン宮殿。ここはオーストリア最大の宮殿で、ハプスブルグ家の夏の離宮として使われていました。外観は、マリア・テレジアン・イエローと呼ばれる薄い黄色。内部には1400以上の部屋があるというから驚きです。ツアーでは、現在公開されている20の部屋を見学します。

その後、リンクシュトラーセ沿いの見どころを車窓から見学します。市庁舎、ホーフブルグ、ウィーン国立歌劇場、美術史博物館などについて、日本語ガイドの説明を聞きながらのドライブとなります。最後は市立公園で下車。この公園には金色に輝くヨハンシュトラウス像があり、ウィーンの記念撮影スポットとして観光客の人気を集めています。
その後、国立オペラ座の前に戻り、解散となります。

ウィーンが初めてという人は、初日にこのツアーに参加し、土地勘を養うといいでしょう。

■取扱会社 ネットトラベルサービスウィーン営業所
・URL:http://www.alan1.net/jp/europe/austria/sg/2411/ag/10568/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。