ストレートで力強く、せつない

1992年にリリースされた、GAOの「サヨナラ」。

90年代以降の歌謡曲って、商業主義というか一曲売れれば「今が売り時!」とどんどんCDを出して、テレビに出て、そしてまた次の注目アーティストが現れて、あっという間に飽きられて……みたいな消費音楽が多いなという印象があります。

GAOさんは、いわゆる一発屋さんなのでしょうが「サヨナラ」のメロディーはストレートで力強くてせつない。私にとって、なんだかずっと頭を離れない曲。

時々、ふと思い出しては最初の「流れる季節に 君だけ足りない」のメロディが浮かんできて、口ずさみたくなる曲です。

そういう人の心に残る名曲って、どの時代にもあると思うのですが90年代の歌謡曲というとこの歌を最初に思い浮かべました。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。