「としちゃん」こと田原俊彦の1980年代の曲は、名曲揃いです。下手だとか言われますが、あの声で歌ってこそというものも多く、他の人が歌っても、いまいち感動しません(ジャニーズの後輩で、くせのない人ならいいかも?)。

ベストアルバムのボックスも持っていましたが、手放してしまいました……。

おすすめ1「さらば‥夏」1983年

なんと、作曲がポール・アンカです。作詞も岩谷時子で超豪華。

歌謡曲っぽさが、いい! 特に最後だけ転調するところ、歌いあげたくなります。

おすすめ2「悲しみ2ヤング」1981年

これも初期の作品で、若者の恋の歌の割に切なくて、いいです。


他にも「グッドラックLOVE」や阿久悠作詞の「騎士道」など、ダンスの人というイメージを覆す、切ない名曲揃いです。沢田研二や郷ひろみの路線と近いと思います。とにかく、切なめの歌詞と、絶妙な曲、じっくり聞いてほしいです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。