携帯から子育て情報が手に入る(品川区)

品川区は11月1日から、携帯で子育て情報にアクセスできる子育て支援携帯ポータルサイト「こども未来」をスタートさせました。区や住民、各種団体が子育て情報を提供することで、情報不足に陥りがちな子育て家庭の不安を解消しようという試みです。

画面トップには「育てる」「あそぶ」「健康」「施設」のメニューが並び、例えば「育てる」から「たべる」をクリックするとお勧めの献立などを見ることができます。また、「健康」からは感染症情報や、休日応急診療所の情報などが入手可能です。利用にあたっての登録は不要で、だれでも気軽にアクセスできるようになっています。

関連リンク
品川区「こども未来」(携帯用サイト)


世田谷区が子育て相談を開設。夜も受け付け

育児に関する相談を電話で受け付ける「子育てテレフォン」が世田谷区で始まりました。「子どもが泣きやまない」、「ミルクの飲みが少ない」など、育児でのちょっとした悩みや心配事の相談から、子育てに関する区のサービスの紹介などを受け付けます。

相談には保健師や看護師、保育士などが対応します。行政のサポートが必要と判断されれば、児童相談所や保健福祉センター内の子ども家庭支援センターなどを紹介するそうです。専用電話は03(5451)1211で、月~金曜は区の窓口が閉まった午後5時~10時、土・日曜、祝日は午前9時~午後10時まで受け付けます(年末年始を除く)。夜間でも相談できるのは子育て世帯にとって心強いですね。


住みたい街ナンバーワンの自由が丘ガイドブックが全国発売

自由が丘のオフィシャルガイドブックが全国で発売されました。おしゃれなお店が並び、東京の「住みたい街」調査で常にトップクラスに挙げられる自由が丘ですが、込み入っていてお店の場所が分かりにくいとの声も多いそうです。そこで地元の商店街が50年前からガイドブックを発行していましたが、全国発売は今回が初めてになります。

ガイドブックには自由が丘駅周辺の飲食店や衣料店、雑貨店など約1,200店の情報が掲載されています。商店街のスタッフが約1年かけて企画、編集し、携帯電話から各店のホームページにアクセスできる「QRコード」も付いています。この『自由が丘オフィシャルガイドブック(タウンガイド) 2006-2007』(昭文社刊 650円)、都内の書店やコンビニエンスストアのほか、全国の主要書店でも販売中です。