デスクカウンターがある子世帯のLDK

次に、2階の子世帯スペースをご紹介します。
子世帯のLDKは、階段から間仕切りなくつながるプランです。ダイニングスペースの一角には、デスクカウンターが設けられています。子どもは誰かが見ている方が安心して勉強できるそうですし、ダイニングテーブルとは別の場所に学習スペースがあることで、食事の度に片づけをしなくて済みます。

南面からの陽光が降り注ぐダイニング・キッチン。ダイニングとリビングの間に造り付けのデスクカウンターがあります

南面からの陽光が降り注ぐダイニング・キッチン。ダイニングとリビングの間に造り付けのデスクカウンターがあります


undefined

 

親世帯同様、奥様(妻)のスペースはキッチンの横にあります。階段に隣接し、壁に小窓があるので、趣味や仕事中でもお子様やご主人(夫)の外出・帰宅の様子が分かりやすいのが魅力です。
また、帰宅動線上にあるので買い物袋の一時置きにも使いやすく、家事に移る作業がスムーズになるでしょう。

 

親世帯LDKとつながるリビング

子世帯のリビングです。ダイニング・キッチンとは緩やかに区切られているため、落ち着いた空間になっています。天井はロフト(小屋裏収納)に続いているために高さがあり、開放的な広がりを感じられます。ダイニング内のデスクカウンターと近いので、子どもの様子に目が行き届いて安心です。

子世帯のリビング。ロフトから続いている勾配天井が落ち着きの中に伸びやかさを感じさせます

子世帯のリビング。ロフトから続いている勾配天井が落ち着きの中に伸びやかさを感じさせます


リビングの内窓も外窓と同じタイプを採用。気になる“音”をシャットアウトします

リビングの内窓も外窓と同じタイプを採用。気になる“音”をシャットアウトします

リビングの窓は内窓で、親世帯LDKの吹き抜けとつながっています。これは“吹き抜けで光をシェアする”発想で、暗くなりがちな1階LDK、そして2階リビング両方が明るい空間になっています。さらに、ふとした時にお互いの気配が感じられることも、吹き抜けによるメリットといえるでしょう。

 

子世帯の主寝室に夫のスペースを設けて

子世帯の主寝室の一角には、ご主人(夫)のスペースが設けられています。縦ルーバーで囲まれたコーナーは、メールチェックなどの仕事を片付けたり、ひとりになりたい時などに最適な空間です。
主寝室に隣接して広いウォークインクロゼットがあります。ここを介してサニタリースペースに直結しているので、着替えを取ってお風呂に向かう、乾いた洗濯物をすぐにしまえるなど、幅広く便利に使えます。

“空間を夫婦でシェアする”発想で、主寝室に「パパ’sステーション」が設けられています。ひとりになれる、男の城です

“空間を夫婦でシェアする”発想で、主寝室に「パパ’sステーション」が設けられています。ひとりになれる、男の城です



3世代が“快適に暮らす間取り”の参考に

生活時間帯やライフスタイルが異なる3世代が一つの家で快適に暮らすためには、プライバシーへの配慮がとても重要になります。このモデルハウスでは、1階が親世帯、2階が子世帯と上下で住み分けるプランを採用することで、世帯ごとのプライバシーを確保しています。
さらに、“空間のシェア&コネクティング”の発想を上手に取り入れて、3世代それぞれが快適に、自分らしく過ごせるようになります。一緒に暮らす安心感やつながりあう豊かさを感じる…そんな『3世代ならでは』の間取りづくりの参考にしてください。

【関連記事】
間取りから考える子供のための空間づくり

新百合ヶ丘駅前モデルハウス
3世代の暮らし「ツインファミリー トロワ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。