プロのレバレッジは5倍程度

日本のFX業者が提供しているレバレッジは、最大で25倍です。海外のFX会社であれば、日本国内の規制を受けないので、それこそ数百倍などというハイレバ取引が可能なケースもありますが、そこまでレバレッジを高めてトレードをするのは、かなり危険です。

たとえば25倍のレバレッジで取引した場合のリスクを考えてみましょう。

証拠金の額は10万円。1ドル=100円で米ドルを買ったとします。レバレッジ25倍なら、250万円相当の米ドルが買えることになります。つまり2万5000ドルの買いポジションが持てるのです。

仮に、1ドル=99円までドル安が進んだら、
2万5000ドル×▲1円=▲2万5000円
というように、2万5000円の損失が生じます。証拠金額は10万円ですから、それから見れば25%の損失率です。1日1円の値幅で動くケースは結構ありますから、25倍のレバレッジでトレードするのは、かなりリスクの高い行為であることが、お分かりいただけるかと思います。

実際、プロのディーラーに話を伺うと、25倍というハイレバレッジでポジションを持つケースは、ほとんどないそうです。大体5倍程度。ディーラーが運用しているのは、銀行の自己資金や、顧客資金ですから、大きく穴を開けるわけには行きません。その意味ではリスク管理がしっかり行われており、ハイレバレッジのポジションは持てないようになっているのです。

臨機応変に対応するのも利益を大きく伸ばす方法

私自身は、通常だと10倍程度のレバレッジで取引しています。これまで、いろいろとレバレッジを試してきましたが、ある程度のリターンが期待でき、かつ損をしても自分の許容範囲内に納めることができるレバレッジが、10倍程度だったのです。

恐らく、人によって居心地の良いレバレッジがあると思いますので、各人でいろいろ試行錯誤をしてみて下さい。

ただ、常に10倍にこだわっているわけではありません。10倍よりも下げることはありませんが、たとえば昨年末から1月までは、ユーロ/円でフルレバレッジを掛けたトレードを試みました。ある程度、ユーロ高のトレンドがしっかり出ていたので、「ここは勝負!」と思ったわけです。

FXで大事なのは、メリハリのあるトレードを行うことです。自分で自信のある時には、フルレバレッジでポジションを持つ。逆に全く自信がない時には、一切ポジションを持たない。それ以外の局面では10倍程度のレバレッジでトレードを繰り返す。
レバレッジのかけ方ひとつにも、自分のルールを持ち、それを厳守することが、結果的に大損を招かないポイントになります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。