池袋駅周辺の公園に咲く桜を見ながら歩く

あっという間に満開を迎えた東京の桜。歩きながら桜を鑑賞するなら川沿いに咲く桜だろう。なかでも目黒川の桜は見ごたえもあるし、歩きごたえもある。駅でいえば、東急田園都市線の池尻大橋駅、東急東横線の中目黒駅、JR山手線の目黒駅あたりがアクセスポイント。

また、神田川の桜もいい。東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅から都電荒川線の面影橋駅あたりまで続く神田川沿いの桜並木もいい。しかし、これらのコースは休日ともなるとかなりの人出となり、歩くのもままならなかったりする。

それで、穴場はないのかと考えたら、公園をはしごするのはどうだろうかと考えた。狙い目は池袋駅周辺である。今回は池袋駅を山手線の内側を南から北へ歩いてみた。南池袋公園というのがあって、ここの桜も美しいのだが、今は工事中で中に入ることはできなかった。

というわけで、まずは池袋サンシャイン周辺にある公園を紹介しよう。

すべり台など遊具もある公園。桜も美しい。

日出町公園 豊島区東池袋4-22-1

アウルタワーの隣に日之出町公園というのがある。小さな公園だけれど、遊具などがあって、小さなお子さんと訪れるのにはいいかもしれなない。
 

遊具などもあり、小さい子供連れでもOK

東池袋公園 東池袋3-14-1


同じく遊具があるのは、東池袋公園だ。また、東池袋中央公園にも少ないが、桜はある。ここには池があって、水面を見るだけでもなかなか落ち着ける。



中池袋公園で桜の種類を知ろう

豊島区役所の裏にある公園で、普段も多くの人がここを横切ったり、ベンチに座っていたりする公園だ。池袋のマスコットか、ふくろうの像もある。

豊島区役所、豊島公会堂などがすぐ隣にある。

中池袋公園 東池袋1-16-1


ここの公園の特徴は樹木にネームプレートがつけられている点だろう。一般的な桜といえばソメイヨシノだ。そのソメイヨシノももちろんあるけれど、ここにはオオシマザクラもある。

花の香りが魅力的なのだそうだ

オオシマザクラ 伊豆大島に多いのでこの名前がついたそうだ

さらに、東口から100メートルほど北にあるのが池袋駅前公園。ここも見事な桜の樹がある。

池袋駅前公園を北に歩こう

以前、「山手線(外回り)を歩く」記事でも紹介した、池袋の白い塔が見えてくる。
線路沿いにある南北に長い公園だ

池袋駅前公園 東池袋1-50-23


線路沿いに細長いこの公園をどんどん北へ歩こう。次は、その名もズバリ、「上池袋さくら公園」へ歩を進める。



いろいろな種類の桜24本を鑑賞できる上池袋さくら公園

「上池袋さくら公園」にはいろいろな種類の桜が24本も植えられている。しかも、ネームプレートが付けられているので、わかりやすい。
ソメイヨシノの後ろに見えているのは上池袋図書館

上池袋さくら公園 上池袋2-45-15

けっこう広めの公園で、桜以外の花もたくさんある。隣には上池袋図書館もある。図書館からも桜がよく見える。

お彼岸の時期に咲く。ソメイヨシノより少し開花は早く、花の色も濃い

コヒガンザクラ 小彼岸桜

桜の種類によって、満開の時期が異なるので、4月の終わり頃までいろいろな桜が楽しめる。

北海道、北陸、中部地方以北、山陰、四国などに自生している野生種の桜

オオヤマザクラ 別名、ベニヤマザクラとも呼ばれる

公園内にひときわ色の濃い桜がある。オオヤマザクラだ。こうして、いろいろな桜を見ていると、ひとくちに桜といってもいろいろな種類のものがあることがわかるだろう。今回は紹介できなかったけれど、実は池袋周辺には桜のある公園はもっとある。そんな公園をさがしてみるのもまた楽しい散歩となるだろう。

【関連記事】
歩いて楽しい、見て美しい東京の桜散歩 [散歩] All About
飛鳥山公園~滝野川、名所と穴場の花見散歩 [散歩] All About
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。