ゆっくり泳ぐように『オルタネ―ト・レッグ&アーム』


『オルタネ―ト・レッグ&アーム』で、背骨を引き伸ばし手足を使って泳ぐようなつもりで、コントロールしながら動いてみましょう。


バンザイの腕でも、首は長く保ちましょう。

バンザイの腕でも、首は長く保ちましょう。

1. 床やカーペットにうつ伏せになり、脚を坐骨(お尻の左右の骨)幅位に保ち、カラダのラインをまっすぐに整えます。お腹を薄く保ちながら、腕はバンザイを作るように手のひらを下に向けて床に置いておきます。バンザイの腕を耳から少し離すようにし、背骨を長くする意識を持ってスタートポジションを作ります。(床が固く、うつ伏せになると胸や腰が痛い時などは、ブランケットや座布団などで予めクッションを作っておきましょう。)内ももを更に意識出来るようであれば、脚をおへその1センチ上あたりからピタッと1本にまとめるイメージで閉じてスタートポジションを作ることも出来ます。




泳ぐ速さをコントロール出来るスピードに保ちます。

泳ぐ速さをコントロール出来るスピードに保ちます。

2. スタートポジションから、息を吸って吐きながら右腕と左脚を床で更に長くし、そのまま長さを保ってゆっくりと床から離して上げていきます。この時、頭や胸も自然に上がる高さに持っていきましょう。楽な呼吸で一度腕と脚を床に戻したら、反対の腕脚も長さを出しながら上げていきます。何度か行なってから、今度は先に、頭頂の糸を引っ張られる意識で頭や胸を床から浮かせておき、ゆっくり泳ぐように腕脚の上げ下げを続けてみましょう。コントロールして動かせる回数やスピードで行ないます。





以上、2つのうつ伏せのエクササイズで、産後丸くなっていた背中を気持ちよく引き伸ばして使ったり、授乳姿勢で固まりがちな胸のラインをスーッと長くしながら柔らかく使ってほぐすつもりで動いてみてください。寝返りが出来るようになった赤ちゃんと、床でコミュニケーションをとりながら動くことも出来ます。

産後半年位経つと、出産後から少しずつカラダをリカバリーしてきたママにとっては、どんどん体型や体重が戻ってくるのを感じられる頃かもしれません。産後のカラダの回復もそれぞれ個人差があるので、焦らず続けやすい動きを行なってみてください。また赤ちゃんがそばにいる中で動く時は、あまり回数にはこだわらず、出来る時に気持ちよく行なえる回数で、疲れたら休憩も入れながら焦らず行っていきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。