この春、子どもに携帯を持たせる方も多いのでは?

この春、子どもに携帯を持たせる方も多いのでは?

最近は、携帯を首から下げた小学生が歩いている光景が、当たり前になりました。スマートフォンを手にする子どもも増えたように思います。

文部科学省の調査(※)によると、小学6年生の約4人に1人(24.7%)、中学3年生の約2人に1人(45.9%)、そして高校2年生になるとほとんどの子ども(95.9%)が、携帯を持っているとのこと。そうなると気になるのは通信費。子どもの携帯所持により、ますます高くなるのではと危惧している方は、多いのではないでしょうか。
(※)平成21年度「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」/文部科学省

子どもに携帯電話を持たせる目的は

先述の文部科学省の調査によると、「子どもに携帯電話を持たせた理由」で最も多いのは「家族間でいつでも連絡がとれるから」というもの。緊急時の連絡や防犯、またどこにいるか確認するなど、用途がはっきりしている理由が最も多いのはうなずけますね。

しかしその一方、中高生の親の3割以上は「子どもにせがまれた」という理由で持たせています。この場合、携帯電話所有の目的が明確になりにくく、携帯代に歯止めがきかなかったり、トラブルに巻き込まれたりしかねません。携帯代を始めとした家族間でのルール作りが、鉄則となります。

それでは次に、子どもの携帯代の実態をみていきましょう。

子どもの携帯代の実態

Benesse教育情報サイトの調査結果から、小・中・高校生の携帯月額利用額を紹介します。

【子どもの携帯電話の月額利用額】(単位:%)
子どもの携帯電話の月額利用額

※画像をクリックすると大きくなります※
年齢が高くなるにつれて、金額もあがっていきます


同じキャリア同士や家族間の通話やメールは無料、などといったサービスが展開されている今、基本契約料のみで携帯を持たせることも可能です。そのため、家族間の連絡のみに使用するケースが多い小学生は、9割近くが2000円未満で済んでいます。また、LINEやCOMMなどの通話が無料になるアプリを活用することにより、友達との連絡も無料になりますね。

しかし、中高生になると4000円以上かかっている割合は低くありません。推測するに、子どもの年齢があがるとともに通話やメールのみならず、動画や音楽、ゲームアプリなどのダウンロードをすることが多くなるからかと思われます。もし全額を親が出すとすれば、中高生以上の子ども1人につき、通信費が5000円以上アップすることも容易に考えられ、家計に大きな影響を及ぼします。

次ページでは、どのように通信費を抑えるか考えていきたいと思います。