プロの動画を見て、手足の運びを参考にする

ボルダリングの上達には、知識と指導を行ってくれる安心のジムへ行って学ぶのがコツです。一年中練習ができますし、雨でも風の日でも練習ができるのが魅力です。高い壁には、多くの突起が付いていますので、自分の能力によってトレーニングができます。

より面白く、より素早くボルダリングの上達を希望する人には、そのジムが快適に練習ができるように工夫がされています。壁に付いているホールドには、1や2という数字が横に書いてあります。その数字だけを狙って、上へと上がる訓練ができます。パズル感覚で、楽しみながら上達ができます。

ジムでは、専門知識のあるインストラクターが、道具の使用方法から登り方まで丁寧に教えてくれます。1日中、多くの時間を利用することができるので、よりボルダリングが上達します。初心者から上級者コースで、自分の能力に合ったコースから始めるのもポイントです。

体重を減らしてから練習をしたり、ホールドの大きさや形を判断する素早さを身に付けるのがポイントです。次に手にするホールドは何処だったらつかみやすいか、何処に脚を置けば蹴りやすいかを考えます。脚が蹴りやすければ、高い位置のホールドへ手をかけられやすくなりますし、早く上へと登ることができるようになります。

腕だけで登ろうとすると、手ばかりに力が入ってしまって長く登ることと体を支えることができなくなってしまいます。脚も意識して力を入れるようにして、体を支えることが重要です。

私がよく見るのは、プロのボルダリングがその動きを撮影した動画を見るようにしています。そのプロの手と脚、目線を見てどういった動きをしているかを調べて参考にしています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。