トライアスロンの種類

「トライアスロン」と言うと”鉄人レース=アイアンマン”と思われがちですが、トライアスロンはアイアンマンに代表される長距離レースだけではなく、短距離のレースもたくさんあります。

短距離レースは初心者でも比較的容易に挑戦できる距離であり、初めてのトライアスロンレースにオススメです。
距離についてはITU(International Triathlon Union)及びWTC(World Triathlon Corporation)がそれぞれ 規格を定めていますので、ITUやWTCが主催するレースはその規格に従って距離も設定されます。
ただし、ローカルで開催しているレースでは距離設定も自由なため、各レースとも特色ある距離設定となっています。

また、競技の順番はスイム(水泳)バイク(自転車)ラン(マラソン)の順番が一般的ですが、 一部のローカルレースでは順番を入れ替えている場合もあります。
長距離のレースは特に過酷なレースのため、選手の安全を考慮してスイム-バイク-ランとしていると言われています。つまり、スイムが最後では危険が大き過ぎるということです。

1982年に各種データからみてバランスのとれた距離、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのトータル51.5kmがITUによって設定され、”オリンピック・ディスタンス”と呼ばれるようになりました。 現在では、”スタンダード・ディスタンス”とも呼ばれています。この距離が設定された背景ですが、オリンピックにおける各々の単一種目を見てみましょう。

競泳は最長が1,500m。バイクの個人タイムトライアルが約40km。陸上の最長が10,000m(10km)となっています。つまり、単一種目の最長距離を3種目つないだ距離がオリンピック・ディスタンスなのです。
そのため、多くのショートの大会がこの距離に合わせるようになり、現在では世界選手権をはじめ世界のトライアスロン大会の多くが51.5kmの設定となりました。2000年のシドニーオリンピックから正式種目となったトライアスロンもこの51.5kmで行われています。

トライアスロンの種類

トライアスロンの種類



世界のトライアスロン事情

トライアスリートなら誰もが憧れるアイアンマンシリーズ

WTC(World Triathlon Corporation)による規格で、スイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km。競技指向の高いトライアスリートはアイアンマンシリーズのチャンピオンシップであるアイアンマンハワイに出場するために各地域でのアイアンマンレースで上位入賞を目指し、アイアンマンハワイの出場権、いわゆる通称「スロット」を獲得することを目指して世界中で日々トレーニングに励む仲間が大勢います。
また、世界中で行われるアイアンマンレースに出場し、アイアンマンの称号獲得や、フィニッシュでアナウンスされる「You are an Ironman!!!」を言ってもらいたくて目指す選手もいるのです。
ロングディスタンスはまだ経験が足りないという方には、アイアンマンレースの半分の距離のIRONMAN70.3(ハーフアイアンマン)も世界中で開催されており、比較的無理なくアイアンマンの称号をゲットするにはオススメです。

今年は、4年ぶりにアイアンマンジャパンが復活。8/31に北海道洞爺湖を舞台にホットなレースが繰り広げられます。

アイアンマンに対抗してつくられたチャレンジシリーズ
アイアンマンの高額なエントリーフィーやその商業主義に異論を唱え、ドイツ人によってつくられたチャレンジシリーズは、創意工夫して盛り上げるようなイベントを目指し、参加者、観客を一体化させて大会づくりをしています。
応援も素晴らしく、コース設定や、運営も顧客を第一に喜ばせるような仕組みとなっている。ヨーロッパを中心に始まり、オーストラリア、アジアへも広がりを見せており、アイアンマンシリーズからの鞍替えも起きています。


 

日本で開催される5つのロングディスタンスレース

2013年現在、日本では5つのロングディスタンスレースが予定されています。正式に”アイアンマンレース”と呼ぶことができるのはWTC主催の”アイアンマンジャパン”だけなので、 その他のレースはそれぞれ固有の呼び名を設定しています。

レース一覧

日本で開催される5つのロングディスタンスレース



トライアスロンの仲間たち

トライアスロンのレース種目を組み替えた仲間があります。

デュアスロン:ラン・バイク・ラン
アクアスロン:スイム・ラン
ウィンタートライアスロン:ラン・マウンテンバイク・クロスカントリー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。