フィリッパ・ジョルダーノを見たならば、あなたはきっとこう洩らしてしまうかもしれません。「ずるい」と。彼女はイタリア出身。1974年生まれですが、デビュー当時からの美しさはますます輝きをましています。

輝かしい経歴

バレンタイデーに、イタリアのシチリア島パレルモで父も母も祖父に兄や姉までも音楽家という音楽一家に育ち、母親から歌の手ほどきを受け、5歳の時にはローマに移住。クラシック音楽とともにクラシック・ダンスを習い始め、9歳でイタリア国立ダンス・アカデミーに特待生として迎えられます。父の所属するオペラ・カンパニーの演奏旅行に同行しオペラ歌手の道を志すかたわら、ポピュラー音楽にも関心を抱いているうちにスカウトされ、デビューしました。

デビュー翌年にはサンレモ音楽祭に出場し、新人部門で第2位を受賞。同年の10月にはバチカンのサン・ピエトロ広場で行われたミレニアム前年祭で当時のローマ法王、ヨハネ・パウロ2世を含む15万人の観衆の前で「アヴェ・マリア」を歌う……。

日本でも、資生堂の「プラウディア」のTVCM曲に「ハバネラ(カルメン)」が使用されていましたから、聴いたことのある方は多いのではないでしょうか。

類まれなる美声だけではなく

こう書き連ねていけばさらに、「ずるい」と言いたくなってしまいます。上にあげたハバネラではコケティッシュにして瑞々しく、その甘美な毒に、みずから溺れたくなるような気にさせます。ローマ法王の前で披露したアヴェ・マリアでは一転し、自らの過ちを、涙を流しながらさらけ出したくさせられます。

彼女の声は、武器です。聴くものを虜にして骨抜きにする、立派な武器です。その上、顔は天女のように美しく、身体はそのゆたかな声がどこからでてくるのかと疑いたくなるくらい、ほっそりとしているのですから、これをずるいと言わずしてなんとするでしょうか。

貴方が女性ならば、彼女の姿を見て声をきき、おおいに嫉妬してください。貴方が男性ならば、そのセイレーンのような姿に魅了され、浮世のうさを、ひととき忘れてください。それでも結局、地上に彼女をつかわしてくれたどこだかの神に、きっと感謝したくなると思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。