相手の攻撃スペースを狭める最大のポイントは、どこにプレスをかけるラインを引くか

undefined

 

フットサルとサッカーの違いのひとつに、フットサルの方が個人でボールを奪うことが難しい点が挙げられます。

ボール奪取のチャンスは、相手がパス、シュート、ドリブルをしかける、のいずれの場合においても、プレスを掛けられながらのプレーになることで、プレスをかけたディフェンダー以外のディフェンダーがトラップの瞬間などを狙う時です。

この時、相手のプレーの精度を落としつつボール奪取のチャンスを増やすにはどうすればよいでしょう。ひとつの考え方としては、相手が可能な攻撃スペースを減らしながらディフェンダー同士が互いにカバーしあえる距離を保ち続けることです。

この時、相手の攻撃スペースを狭める最大のポイントは、どこにプレスをかけるラインを引くか、です。

フットサルにはオフサイドの概念はありません。このため攻撃側の可能な攻撃のスペースはゴールラインいっぱいまでと常に固定的です。逆に言えば守備側は自陣ゴールライン付近までを常に守らなければなりません。

サッカーならここでオフサイドの仕組みを利用し、高い位置からプレスを掛けても最終ラインも高ければコンパクトな陣形を維持しつつ守備が可能です。
しかしフットサルにおいては、高い位置からプレスを掛けに行くことは、即ち広いスペースでの勝負に他なりません。

当然広いスペースを守ることは体力の消耗、連携の難しさに直結します。したがってフットサルにおいてはプレスの最前線をある程度引いた位置に設定することが大切になります。具体的にはハーフライン以下が目安と言われます。

こう設定することにより、前の選手がプレスにいった際、間延びしたスペースを突かれて失点するといったリスクのひとつの担保になりますし、このような練習を続けることが、ひいてはディフェンスの質の向上にもつながります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。