三角形を意識して攻める

サッカーと似ていますが、常にピヴォ(攻撃の起点)、アラ・エスケルド、アラ・ジレイト(順に左・右のミッドフィルダー)の3人が三角形を作りながらパス回しをしてチャンスをうかがう基本戦術の一つです。

ピヴォがポスト役ならば、この様にパス回しをしながらピヴォが基点となり真ん中や両サイドをついて攻め込みます。

8の字でボール回し

早いパス回しが基本のフットサルにおいて、パス回しの最も基本的なパターンはコート上で8の字を描く動きです。この動きは攻撃スペースを作ったり、敵のマークを外したり、相手の守備を崩したりしつつ徐々に押し上げるのに有効かつ基本的な方法です。

ただ、この陣形はボールを回すものであって、蹴るためのものではありません。ボールをゴール近くに運ぶためには、この動きを用いピヴォ以外の選手でボールを回しながらスペースを確保しピヴォへつなげます。

一方でピヴォもこの動きに合わせたフェイントを入れたり、スペースに走り込んだりして、パスをもらいやすい状態を作りあげてもらえる様に意識して動くことが重要です。

この戦術は基本中の基本ということもあり、チーム全員がマスターしておきたいところです。

ポジションチェンジの活用

守備の強いチームにマンツーマンで守備をされた場合に有効なのは、攻撃陣があえて一旦大きく自陣まで下がりポジションチェンジをすることで前線に大きくスペースを作る方法です。

また、ゾーンディフェンスをとられた場合も、サイド・前後のポジションチェンジを繰り返すことでゾーンディフェンスを混乱させ隙をつくことができれば、逆に一気に攻め込めます。

大事なのは味方同士で混乱しないこと、普段からお互い声を出し合い入れ替わる練習を繰り返しましょう。

おとり作戦でスペースをつくる

フットサルコートは狭いこともあり、スペースを作り有効に活用することはサッカー以上に重要と言えるかもしれません。

特にピヴォへのマークがきつい場合などは、ピヴォがまずおとりとなってマークを引き連れた状態で中央に戻る動きや、サイドにずれる動きをすることで真ん中からサイドにかけてスペースを大きくつくります。

そして、このスペースを攻める際、ピヴォに一度ポストさせ後方から走りこんだプレイヤーに合わせるなど攻撃を1段複雑にすることでゴールチャンスが大きくなります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。