点数を大きく左右するジャンプの質

近年人気のフィギュアスケート。TV中継を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。一方で、とても素敵な滑りをしているのに想像より点数や順位が伸びなかったり、また反対に意外な高評価を受けている選手見たりして、「ふに落ちない……」と感じた経験はありませんか。

それはやはり技術、特に点数を大きく左右するジャンプの質によるところ。実際にジャンプの判定基準にされているポイントを具体的に知ってフィギュアスケート観戦をもっと楽しみましょう!

加点のポイント

フィギュアスケートの採点は、加点と減点をミックスしたものですが、ここでは加点に関するガイドライン(2008年度)をご紹介します。

まず、基本的な考えですが、
  • プレパレーションの質が高いこと
  • 空中姿勢が美しいこと
  • ジャンプに高さと距離があること
  • 決めポーズが美しいこと
これらを踏まえた上で、具体的に評価していきます。

■入り方の評価
1. 予期せぬ入り方、独創的な入り方、難しい入り方をしている
2. 明確で評価に値するステップやスケーティング動作から直ちに跳んでいる

■空中の評価
1. 空中で変形ポジションをとっている、または回転の開始を遅らせている
2. 高さや飛距離が素晴らしい

■出方の評価
着氷時に手足がよく伸びている、または独創的な出方をしている

■全体の評価

入りと出の流れ(加えてコンビネーション・シークエンスではジャンプ間の流れ)が優れている

最初はどこを見てよいかわからないと思いますが、何度も見続けていると案外なれるものです。お気に入りの選手で研究してみるのも早道ですよ。


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。