イベント規約はちゃんと読んだ。機材も荷物もコンパクトにした。さぁ、写真をバンバン撮っていこう! でもちょっと待って! 撮影に関してのマナーが、実は一番重要なんです。ここでは、コスプレイヤーさんとカメラマンが、お互い気持ちよく撮影ができるマナーをご紹介します。

まずは、撮りたいコスプレイヤーさんに声を掛けよう

初めてのイベント参加や、初対面のコスプレイヤーさんだと緊張するかもしれません。しかし、ほとんどの方は快く承諾してくれるはずです。大事なのは、丁寧に尋ねることです。お目当てのコスプレイヤーさんが誰かと話し中だったり、取り込み中の時は、終わるまで待ちましょう。

■撮影がNGだった場合
稀なことですが、この場合は素直に引き下がりましょう。断られたからといって、無断撮影や盗撮などは厳禁です。

■撮影がOKだった場合
何枚撮るかを相手に伝えましょう。多くて3、4枚程度が平均です。撮る時は「3、2、1」などの掛け声をかけると尚良いです。

ポーズの無理強いはしないこと

ほとんどのコスプレイヤーさんは、カメラを向けると指定した枚数分のポーズをとってくれるでしょう。しかし、カメラマン側にも撮りたい角度があるかと思います。そんな時は一言お願いしても良いのですが、決して強要はしないことです。直接触って指示をしたり、アダルト的なポーズは厳禁です。

写真が撮れたら確認してもらおう

自分のサイトやブログに写真を載せたい場合、相手にその是非を確認します。名刺があれば、この時点で渡すことをお勧めします。

最後のお礼は忘れずに

人としてのマナーですが、立ち去る際に「ありがとうございました」と言うことが大切です。最近では、挨拶のできない人が本当に多いので、感謝の気持ちはきちんと伝えましょうね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。