未だに不思議な、先輩社員からのプロポーズ

雑用は新卒が当たり前だった時代の話。
小さい会社で、配属先の部署の新卒が私だけだったので、毎朝早めに出社して全員の机を拭いてました。

全員同じように拭いていたのですが、ある時突然、それまでろくに話もしたことのない先輩男性社員に「ボクと結婚して一緒に田舎についてきてください」と言われました。
雑談もそれほどしたことのない人からの突然の申し出に、ぽかーん。
そもそも苦手な人だったので、丁寧にお断りしました。

かなり昔の事なのと、すごく迷惑な事だったので記憶にブロックがかかっているらしく詳細は思い出せませんが、会社で言われました。
机拭いてる時だったかな……。
他の社員がいない時間帯でしたし。

机を拭いてくれるのは好意があるからだと思い込んだらしいです。
いやいや、全員まんべんなく拭いてましたが?

この話がどこからか上司に伝わったらしく、いつのまにか「机は自分でキレイにしましょう」という事になりました。

まともに話をしたこともない女性と結婚したいっていうの、未だに不思議です。
なんだったんでしょうね……。

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。